« 一番の寒波は嘘じゃなかった | トップページ | ペダル(漕ぎ)が重い自転車を買わない為に »

2016年1月25日 (月)

スタンド補修用ネジ

今年一月4日の記事で、ピン抜けのスタンドを補修しましたが、自分としては今一の修理でした。

記事にも書きましたが、ホームセンターで6mmの半ネジを探してきました。
160125_181215
長すぎるネジをカットして、
ネジを切っていない部分も少し長いですが、座金をかまして、ナイロンロックナットを掛けてやれば、ピン抜けのスタンドの補修には使えそうです。

« 一番の寒波は嘘じゃなかった | トップページ | ペダル(漕ぎ)が重い自転車を買わない為に »

スタンド」カテゴリの記事

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんばんは!
いや~寒いですね…wobbly
寒すぎてグリス入った回転部や自転車の調子が悪く感じますw
スタンド修理の箇所
画像アップでよく分かりました。
自分の自転車でも起こりうると思うので助かります。
半ネジの方が入手しやすいと思いますが
M6幅なら
段付きボルトも?ピン代わりに(寸法が合えば)流用できそうな形状ですよね。
http://jp.c.misumi-ec.com/book/MSM1_10/digitalcatalog.html?page_num=2-232

力太郎さん コメントありがとうございます。

流石に、お詳しいですね。
段付きボルトも検討したのですが、価格で断念しました。

軸受形状のステンレスか鉄の中空ピンも探したのですが、なかなか安くて使えそうな代用品は見つかりませんでした。

これなら、まだ自分で追加工できそうですし、手に入りやすく、安いのが一番です。

本当は、スタンドの製造会社で補修部品を供給してくれれば一番なのですが、今の製品単価では無理でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/63636779

この記事へのトラックバック一覧です: スタンド補修用ネジ:

« 一番の寒波は嘘じゃなかった | トップページ | ペダル(漕ぎ)が重い自転車を買わない為に »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング