« 今日の空気漏れ | トップページ | 2015.09.15の異物 »

2015年9月14日 (月)

軽快車の一般的な前ブレーキ調整

パンク修理や、他のご依頼でお伺いした際に、必ずブレーキの利きは確認させていただきますが、案外レバーを一杯握っても効かない自転車があります。

下に書いたように簡単に調整できるのですが、ご存じない方も多いようです。

ブレーキシュー(リムを押さえつける部品)は固いゴムで出来ています。
ゴムですから、リムと擦り合わせられると、少しづつ削れて減ってきます。
消しゴムをイメージしていただけると分かりやすいかもしれません。
ゴムが減る分、隙間が空きますから、レバーを大きく動かさないとブレーキが当たらなくなります。

ワイヤーを張ってやることで、ブレーキのゴムが削れた分をリムとの間隔を狭めることができます。

【調整法】
下図の赤丸のネジを反時計方向に回すと、ワイヤーが張って、ブレーキレバーを握りこまなくてもブレーキが効くようになります。

ブレーキのワイヤーを固定しているネジ(青矢印)がしっかり締まっていることを確認して、赤丸のネジで調整してください。

調整後、緑矢印のネジを指で締めて、赤丸のネジが弛まないようにします。

赤丸のネジの下部が見えなくなったら、ブレーキのゴム(ブレーキシュー)は交換時期になっています。

めったに動かさないので錆付いているかもしれません。そんな時はCRC(潤滑油)を付けてやると動くようになります。

« 今日の空気漏れ | トップページ | 2015.09.15の異物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/61595205

この記事へのトラックバック一覧です: 軽快車の一般的な前ブレーキ調整:

« 今日の空気漏れ | トップページ | 2015.09.15の異物 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)関連記事

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング