« 7速カセットスプロケット分解清掃 | トップページ | メールアドレス変更とホームページの移設作業中 »

2015年9月17日 (木)

いつ頃のものでしょう。

自転車を一台組み上げようと、古いステンレスリムのホイールをばらしたら、こんなハブが着いていました。

150917_154902
見慣れた軽快車用のハブだと思いましたが、

150917_161223_1
分かりずらいですが、シマノのマークとSHIMANOのロゴが入っています。

シマノのロゴの下には,JISマークも付いていました。
150917_160005_1

錆びてはいたのですが、回転はグリスを入れ替えたらスムーズになり、錆も落とせたので、このハブを使ってやろうと思います。

SHIMANOのロゴを見るまでは、ハブダイナモにしようか迷っていましたが、日没後に使用されることの少ない自転車なので、ハブダイナモは重量の観点からも却下しました。

このハブとステンレスリム、星スターブライトスポーク#14を使って前輪を作ります。

後輪用に注文しているハブが10月頃まで入手できないので、のんびりと組み上げます。

« 7速カセットスプロケット分解清掃 | トップページ | メールアドレス変更とホームページの移設作業中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんばんはhappy01
状態が?で古くても信頼できるメーカーや日本製だと知ると
自分の場合…錆びてても輝いて見えますw
古くても機能上問題なく良くなるから、いつ頃か?気になりますね。

ハブダイナモの重量の観点で触れていましたが

最近、ハブダイナモで少し気になったのが
http://entry-parts.shimano.co.jp/tsugaku/hilmo.html
常時点灯を視野に入れた製品で
bicycleflair製品自体も従来品より軽く、漕ぐのも軽いとあるので
気になりました!happy01
今までと違うと分かるほどなのかと?
意外と部品価格も従来品と変わらないから普及してくれたら
より安全に走れますよね?
SANYO系のハブダイナモに似た造りかと思ったらベアリングがバラの鋼球タイプみたいですね!
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&ved=0CBwQFjAAahUKEwjDu_LF7_3HAhUHqJQKHVOKCl0&url=http%3A%2F%2Fsi.shimano.com%2Fphp%2Fdownload.php%3Ffile%3Dpdf%2Fev%2FEV-DH-C2100-Jp3756.pdf&usg=AFQjCNHVvu-LDj9wDGPKls2JZlzmHk8gRg

力太郎さん いつもコメントありがとうございます。
教えていただいたハブダイナモ、修理ではまだお目にかかったことがなく、知りませんでした。

重さが軽いのはいいですね。
LED用に特化して、発電量を減らしたのかもしれませんね。
常時点灯なら、cdsでの明るさ検出も不要だし、回路も構造も簡略化されるので故障も減りますね。

シマノは、ロードのハブにも、いまだにカップアンドコーンに拘っています。
私も、自転車のハブや、ヘッドパーツには、スラスト荷重を考えるとカップアンドコーンがベストだと思っている人です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/61651342

この記事へのトラックバック一覧です: いつ頃のものでしょう。:

« 7速カセットスプロケット分解清掃 | トップページ | メールアドレス変更とホームページの移設作業中 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング