« 利用規約違反によるサービス永久利用停止のお知らせ | トップページ | 昨日に続いてチューブの事 »

2015年9月22日 (火)

28Cタイヤに23Cチューブ

クロスバイクのパンク修理のご依頼を頂きました。

「空気圧が低かったのですが、穴に落ちて、空気が抜けました」とのことで、明らかにリム打ちパンクです。

穴の間隔は、何とか大判の超薄パッチの縦張りで塞げる位置だったのですが、パッチを貼って、水調べをして、塞がっていることを確認して、タイヤにセットして空気を入れたら、「プシュッ」と音がして、空気が抜けました。

タイヤは28Cだったのですが、チューブは23Cが使われていました。

チューブは、走行中にタイヤ内の空気量を保持してくれればいいので、自覚して使われるのなら、チューブの厚みが薄くなって、空気が抜けやすい以外、特に問題はありません。

お客様は、細いチューブが入っていることをご存じありませんでした。

この組合せでは、チューブがタイヤ内で伸びるのに、パッチの伸びが追い付かず剥がれてしまいますので、修理不可でチューブ交換となりました。

ちゃんと28Cのチューブに交換させていただきました。

タイヤ内で空気充填時のチューブの伸びが少なければ、パッチでのパンク修理は可能です。
異物パンクで、穴が一か所なら、今回の組み合わせでも修理は可能だったと思います。

パンク修理で、使い続けられるなら、タイヤとチューブの適合には気を配ってください。

« 利用規約違反によるサービス永久利用停止のお知らせ | トップページ | 昨日に続いてチューブの事 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/61720273

この記事へのトラックバック一覧です: 28Cタイヤに23Cチューブ:

« 利用規約違反によるサービス永久利用停止のお知らせ | トップページ | 昨日に続いてチューブの事 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング