« リング錠かんぬき落下 | トップページ | 寿命を迎えた虫ゴムが多いです。 »

2015年8月22日 (土)

スポーク切断

出張修理で、意外と遭遇する不具合にスポーク折れが有ります。

リング錠を掛けたまま、スタンドを降ろしスポークがリング錠に当たって折れたり、スポークのテンションが極端に高すぎて、段差のショックなどで折れるケースを目にします。
古い自転車では、スポークとニップルが錆びていて不安を感じることも有ります。

修理にお伺いする時には、スポークを常備していますが、サイズをそろえることまでは出来ないので、長いスポークをカットしてねじ切りします。

スポークの切断に、以前はHOZANのC-216 スポーク切りを使っていましたが、切断長が長いと、切り口が斜めになります。
Hozc216
ネジ切をする時に、端面をやすりで仕上げないと、上手くネジ切り器に掛からないのが悩みだったのですが、

この電工ペンチのネジ切穴を使うと、スポークの端面がきれいで、切断後そのままでネジ切り器に掛けられます。
Mono3520433710091702
もう50本近くのスポークをカットしましたが、工具がスポークの硬さに負けている印象は有りません。

ちょっと気に入りの工具です。
元々は、前照灯のハブダイナモ接続端子の処理用に準備したものですが、最近はスポーク切断時の出番ばかりです。

« リング錠かんぬき落下 | トップページ | 寿命を迎えた虫ゴムが多いです。 »

スポークカット」カテゴリの記事

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/61283141

この記事へのトラックバック一覧です: スポーク切断:

« リング錠かんぬき落下 | トップページ | 寿命を迎えた虫ゴムが多いです。 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング