« 受験票が届きました。 | トップページ | パナレーサー ポンプ部品 廃番? »

2015年7月14日 (火)

チューブ擦れパンクの対処

「パンク修理をお願いします」とのご依頼でした。

自転車は、まだ新しく、チューブを取り出すために、バルブ固定ナットを緩めると、
150713_100356
こんなに、バルブが傾いています。
この時点で、擦れパンクかも知れないと、気持ちでは準備します。

ちょっと判りにくいですが、
150713_100423
20cm以上重なっていました。

重なっていた部分を引き出すと、こうです。
150713_100430
まともなチューブなら、このぐらい重なっていても、ちゃんとタイヤ内に納まります。

やはり、擦れパンクでした。
150713_101119
マーキングしたのがパンク穴の位置で、この位置を中心に1:3位でバルブ穴の方に大きく掛かるように特大パッチ(10cm位の長さ)を貼ります。

バルブ穴の方にチューブが寄せられながら、擦れ穴が深く(チューブの重なりが大きく)なってきているからです。

パッチ貼りの記事は過去にも書いたので、今日は、パッチ張り前の記事にしました。



« 受験票が届きました。 | トップページ | パナレーサー ポンプ部品 廃番? »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/60730651

この記事へのトラックバック一覧です: チューブ擦れパンクの対処:

« 受験票が届きました。 | トップページ | パナレーサー ポンプ部品 廃番? »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング