« パッチ割れ その後 | トップページ | ホイール分解 »

2015年7月31日 (金)

マスターシリンダー液面窓破損

前輪のブレーキの効きが悪くなり、確認したら液面確認用の窓に細かなひび割れが入って、ブレーキフルードが漏れていました。
150730_182651150730_182725
取り敢えず、記載のブレーキフルードを追加して、ブレーキの効きは戻りましたが、漏れは続いています。

ふつうは、マスターシリンダーごと交換するもののようですが、1万円オーバーの費用を掛けるには、ちょっと悔しい部品の破損です。

検索したら、こちらのブログに流用できそうな部品の情報が有りました。
150730_182455
入手して、

液面確認窓を外しました。
150730_183919
脆くなったアクリルを取り除き、
150730_183927
裏から、ドライバーで少しずつ叩き出しました。

サイズは、18mmで適合しましたが、Oリングは、径が合わなかったようで、上手く嵌まりませんでした。
150731_164124

Oリングが遊んでいますが、ブレーキフルードの漏れはなさそうなので、これで良しとします。

« パッチ割れ その後 | トップページ | ホイール分解 »

電動バイク」カテゴリの記事

コメント

Oリングが遊んでたら絶対にダメですよ!!

強すぎると割れるのでちょっとビビリますが
Oリングの遊びが無くなるぐらいまでもう少し圧入しないと

takaviさん コメントでのご指摘ありがとうございます。

記事を参考にさせていただきましたこと、お礼申し上げます。

中国製の電動バイクで、確認窓の穴径が少し小さいのか、Oリングがうまくはまらず、確認窓のアクリルパーツも入れるのがかなりきつかったです。
本当に圧入する感じで、叩き込みました。
何とか液漏れは起こしていないので、様子を見ています。

漏れてくるようなら、再度交換します。

トラックバックを2回も送ってしまいました。申し訳ありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/60929817

この記事へのトラックバック一覧です: マスターシリンダー液面窓破損:

« パッチ割れ その後 | トップページ | ホイール分解 »

スライムパンク防止剤は、こんな悪さをする

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

Active Safety Project

最近のトラックバック

ブログランキング

無料ブログはココログ

rss