« ロードバイク、模様替えのお手伝い。 | トップページ | いちごジャム作り »

2015年6月12日 (金)

作業断念 修理技術の限界

SPECIALIZED TARMACのクランク交換と、それに伴うBB交換のご依頼を頂きました。

一昨日の記事で、クランクが外せなかったと記載しましたが、クランクは

KTCの9.5sq. ロングスピンナハンドルと9.5sq.ロングヘキサゴンビットソケット BT3-06L を使って、全体重を掛ける感じでやっと緩めることが出来ました。

OSBBのベアリングまでは外せたのですが、ヘッドワンポンチを46mmまで拡げて、叩いたのですが、OSBBカップが外せず、作業を断念し、お客様に、お詫びしました。

OSBBカップは、フレームにエポキシで接着されています。
詳しくは、こちらのブログをご覧ください。

当店の技術レベルでは、接着された部品を破壊せずに取り外すことは出来ません。
また、カーボンフレームに残ったエポキシ接着剤の残滓を、フレームの精度を保ったまま取り除くことも出来ません。

無理をせず、断念したのは正しかったのですが、悔しいです。
暫く立ち直れそうも有りません。

情報が少ない中で、お受けした修理なのですが、断念したとは言いながら、得るものは一杯ありました。

出来ない事もあるかもしれませんが、無理な作業はしませんので、お声をお掛け頂ければ、幸せです。

« ロードバイク、模様替えのお手伝い。 | トップページ | いちごジャム作り »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/60357403

この記事へのトラックバック一覧です: 作業断念 修理技術の限界:

« ロードバイク、模様替えのお手伝い。 | トップページ | いちごジャム作り »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)関連記事

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング