« 「何の名残り」確認してきました | トップページ | 自転車タイヤの作り方 »

2015年5月 7日 (木)

タイヤの限界

自転車修理の中で、今悩んでいるのは、部品の寿命の判断です。

問答無用で、交換させて頂いている虫ゴムは除くと、目にする機会が多いのが、タイヤ、チューブとブレーキシューです。

ブレーキシューは、溝が無ければ、交換をおすすめします。
溝が有っても、使用頻度と使用年数が判れば、残りの寿命はおおむね判断できます。

擦れパンクを起こしたチューブは、再修理時には、チューブ交換をお勧めします。

タイヤについて一番悩んでいますが、基本的には、カーカスが見えていてもトレッドがそれなりに残っていれば、まだ寿命ではないと判断してきました。

今日バーストパンクのタイヤ交換をさせて頂いた際に、タイヤの寿命の予兆を探してみました。

バーストそのものは、こんな感じです。
150507_125627150507_125904150507_125807150507_125817

予兆として、捉えていいかなと思ったのが、トレッドの剥がれと、カーカスの毛羽立ちです。
150507_125939

でも、ブレーキを掛けて、スポット摩耗したら、ひとたまり無く、パンクしそうです。
150507_130000

もう少し、経験を積みます。

« 「何の名残り」確認してきました | トップページ | 自転車タイヤの作り方 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/59911994

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤの限界:

« 「何の名残り」確認してきました | トップページ | 自転車タイヤの作り方 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング