« アット@ランプ取り付け調整 | トップページ | 前照灯に点滅タイプは使わないでください。 »

2015年5月17日 (日)

2015.05.17の異物とパンク修理手順

ご近所からですが、画鋲が刺さってパンクしたとのご依頼です。
150517_121220
取り置きしてくださっていた画鋲です。

ご近所の修理で、少し余裕も頂けたので、パンク修理の手順を記録しました。
バルブの近くで、少し修理しにくいところです。

一個目のパンク箇所です、
150517_110327
バルブの直近の外側です。

やすりで、表面を削ります。
150517_110401150517_110642_2
リブの丸めと変質した表面を削り取ります。  こちらは、バフいらずで表面を洗浄した後です。ゴムの毛羽立ちが目立たなくなっています。

普通に修理するなら、どちらかだけで良いのでしょうが、出張修理で「修理したけど駄目だった。」で終わりたくないので、併用しています。
150517_110519
バフいらず(リキッドバッファー)です。

ゴム糊を塗って、乾かします。
150517_110709150517_110847
あまり違いが判りませんが、右は塗ってから2分経っています。

パッチを指でしっかり押し付け、貼ります。
150517_110954150517_111102
パッチの押しつけには、カナ床とローラーを使っています。
当初は、工具箱の中身を軽くするための選択だったのですが、今はバンドブレーキの音消しの為に金づちも工具箱に入っています。
それでも、パッチの圧着にはローラーが一番使いやすいです。

チューブを膨らませても、パッチはしっかり付ています。
150517_111424

この後、水調べで、画鋲で開けられた貫通穴を見つけました。
開けられたと書いたのは、普通に画鋲を踏んだのでは、リムの高さが有って貫通するまで針が届かないからです。
たまたま、道路の凸凹が画鋲を押した可能性もありますが確率は非常に少ないとおもいます。

こちらが2個目のパンク穴です。
150517_111926
一個目よりも、更に厄介な位置にあります。

やすり掛けして、バフいらずで洗浄し、ゴム糊を塗って乾かした後パッチを指で押し付けます。
150517_112355
ローラーであれば、このようにバルブの傍でも圧着出来ます。

チューブを膨らませてもパッチの剥がれは有りません。
150517_113457
水調べもOKです。

チューブをタイヤの中に入れ、チューブをリムの底に落とし込みます。
150517_113540

バルブベースが、タイヤの中に納まっていることを、バルブを押し込んで確認します。
150517_113708

虫ゴムを新しいものに交換して、空気を入れて修理完了です。
150517_115837

« アット@ランプ取り付け調整 | トップページ | 前照灯に点滅タイプは使わないでください。 »

異物パンクコレクション」カテゴリの記事

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/60030673

この記事へのトラックバック一覧です: 2015.05.17の異物とパンク修理手順:

« アット@ランプ取り付け調整 | トップページ | 前照灯に点滅タイプは使わないでください。 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング