« プリンス ポケットバーナー PB-V3修理 | トップページ | MT-FTペタル用キャップ抜き »

2015年4月22日 (水)

三ヶ島ペタルのMT-FT

補修用ペタルとして選定した三ヶ島ペタルのMT-FTですが、少し時間が出来たので、分解してみました。

こんな包装で届きます。
150422_104420
赤が左、右は青です。

レフレクターはキャッツアイ製が付いています。
150422_104635_1

一番気掛かりなペタルキャップですが、プラスチックのはめ込みです。
150422_104607150422_105558
細いマイナスドライバーで抉り開けたので、傷が付いてしまいました。
四つの穴をうまく使って、傷をつけずに開けたいですが・・・

ペタルキャップが外れれば、後は、10mmと13mmのボックスで外れます。
150422_105612150422_105715
ベアリング球は12個です。

クランク側も12球でした。
150422_105729

クランク側のシールは、思ったより簡単な構造でした。
150422_105909150422_110751
プラスチックの円盤を嵌めてあるだけですが、それでも、雨に会った時の、グリスは流れにくいと思います。

自宅の自転車で、軽く耐久テストをしますので、グリスの追加はせず、組み上げました。

梅雨前には、組み込んで、屋外耐久テストに入る予定です。

« プリンス ポケットバーナー PB-V3修理 | トップページ | MT-FTペタル用キャップ抜き »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

力太郎さんのブログにコメントできなかったので、こちらから

赤い自転車の全ケースの構造が気になります。
チェーンリングから、チェーンを落とす方法が無いようで、タイヤ・チューブ交換に悩みそうです。

また見かけたら、左からチェーンケースの裏の写真をお願いします。

あのこらさん、こんばんは~。
 三ヶ島は、SPDとかビンディング式が普通になってからは、スポーツ車では
あまり採用されなくなりました。
 小生も大昔はユニーク・ロードとか、競合他社ですが、極東プロエースを
使っていました。当然、トウクリップ&ストラップを付けていましたが。
 現在もプロの競輪用では三ヶ島製が使われている筈ですが、随分と高いよう
ですね。安価なペダルでも、シマノ以外の日本のメーカーが健在なのは、
嬉しいです。

三ヶ島ペタルのMT-FT
自分の自転車に付けてるMTBルック風より造りが良さそうですねsign01
あのこらさん、いいね!有難うございましたhappy01
コメント出来ないようにしていてすいませんでしたcoldsweats01
自分も後からよく見て
bicycleチェーンケースの開け方で悩みました。
今度見かけたら怪しまれない程度に細部まで確認しようと思います。

アンコウさん コメント有難うございます。
三ヶ島ののペタルも根強い人気は有るようで、グレードアップで三ヶ島のペタルに付け替えた記事は時おり見かけます。

三ヶ島や、タンゲ、スギノ、新屋、星、八田など、部品メーカーが生産を続けているのは、競輪の恩恵かとも思います。

国内の部品メーカーも何とか頑張ってほしいです。

力太郎さん 
催促してすみません。
自分も、時々気になる自転車を、チェックしていて、不審がられる時が有ります。
怪しまれない程度によろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/59735086

この記事へのトラックバック一覧です: 三ヶ島ペタルのMT-FT:

« プリンス ポケットバーナー PB-V3修理 | トップページ | MT-FTペタル用キャップ抜き »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング