« 漏電ブレーカーが落ちました。 | トップページ | 珍しい擦れパンク »

2015年2月24日 (火)

LOUIS GARNEAU ビード上げ

LOUIS GARNEAUに限ったことではないのですが、ちょっと太めのHEタイヤを履いたクロスバイクでは、時々、タイヤのリムラインがなかなか出ないことが有ります。

大抵は、ちょっと幅広のリムバンドが使われていて、リムバンドがタイヤのビード部に当たっていて、ビード上げの抵抗になっています。

今日もそんなホイールに当たりました。駄目な時はいくら手で揉んでも、目一杯空気を入れても上がりません。

普通なら、石鹸水などを使うのでしょうが、バイクに乗せている水物は、パンクチェック用の水だけです。

そんな、頑固なタイヤとリムバンドに当たった時は、タルク粉を使って、リムバンドの表面の滑りを良くしてから、タイヤをセットします。

今日も無事にビード上げ出来て、リムラインが出せました。

組立時にも、苦労されていると思うので、少し幅の狭い、リムの底に落ちるリムバンドを使ってくれてもいいのにと、こんな時には思います。

« 漏電ブレーカーが落ちました。 | トップページ | 珍しい擦れパンク »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/59047307

この記事へのトラックバック一覧です: LOUIS GARNEAU ビード上げ:

« 漏電ブレーカーが落ちました。 | トップページ | 珍しい擦れパンク »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)関連記事

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング