« 過去最悪のメンテ性 | トップページ | 毎月19日は、自転車の空気入れる日です。 »

2014年12月18日 (木)

RDのケーブルが通らない

今日で2日目のご訪問です。

昨日、BB廻り(ペダルを踏んで、チェーンを回す部分)を除いて、部品を仮組し、必要な部品が揃っていることを確認しました。

今日は、ワイヤリング(ブレーキや変速機を動かすためのワイヤーの取り付け)を完成させる予定だったのですが、変速機を動かす機構が電動式の為、ケーブルの取り回しがいつもと勝手が違います。

普通の自転車の様にケーブルが見えている配線ではなく、ハンドルやフレームの中をケーブルが通る仕様です。

いつもは、こんな手順なのですが、
Cable
今回のケーブルは、太くて柔らかいので、ガイドパイプで引っ張ってやらないと、通りません。

ハンドルの中は、曲げがきつく、ガイドパイプとケーブルをビニールテープで巻いて引っ張っても途中で外れてしまいました。

四苦八苦して、ガイドパイプを通し直し(1mmのボールポイントが役立ちました)縦方向と横方向の2層にビニールテープを巻いて、ハンドルの中は通すことが出来ました。

次の難関はフレームのパイプです。
元々、ガイドが通っておらず、ガイドを通す処からです。
ブレーキのインナーワイヤーが役に立ち、インナーワイヤーをガイドにして、アンダーチューブから、BBまでは通すことが出来ました。

今日の作業継続を断念したのは、BBから、リアエンドの出口です。
本来、ケーブルが通るサイズの穴が開いているはずなのですが、穴の径が細くなっているところがあるのか、ケーブルが通りません。
Think2対応のフレームなので、普通であれば、通るはずなのです。

戻って、色々検索しましたが、めぼしい情報は得られず、皆さん、あまり苦労せず通されているようです。

明日は、いろんな径のドリルを持参して、穴の形状も探りながら、ドリルで穴径を拡げる予定です。

ちなみに、フレームはピナレロ DOGMA F8 Teamskyカラー 480mmです。

« 過去最悪のメンテ性 | トップページ | 毎月19日は、自転車の空気入れる日です。 »

ピナレロ DOGMA F8 & DA Di2」カテゴリの記事

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/58308107

この記事へのトラックバック一覧です: RDのケーブルが通らない:

« 過去最悪のメンテ性 | トップページ | 毎月19日は、自転車の空気入れる日です。 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング