« RDのケーブルが通らない | トップページ | ワイヤリング完了? »

2014年12月19日 (金)

毎月19日は、自転車の空気入れる日です。

今日19日は、自転車の空気チェックと空気入れの日です。

「毎月19日は、自転車の空気入れをしましょう。」

今日も自転車に、10分だけ、愛情を注いで下さい。
自転車の、パンクの8割は「リム打ちパンク」と「チューブ擦れパンク」で占められています
どちらも、空気をしっかり入れる事で、かなり防げます。
異物を踏んで起きる、パンクも、空気がしっかり入っていると、路面との接地面積が少なくなるのと、タイヤが異物を弾いてくれる事で、いくらか防げます

そろそろ、タイヤ関連のネタが切れて来ました。ブログでお願いしている所為か、パンク修理で短期間に再修理のご依頼が減ってきたような気がします。
自転車のメンテナンスの基本は、なんといっても空気圧の管理(定期的な空気入れ)ですが、これが出来るようになったら、次は、定期的な注油に挑戦してください。
一番、注油が必要なのが、チェーンですが、チェーンがすべてケースで覆われている自転車は、あまり注油はいりません。
チェーンが見えている自転車(特に変速機付き)は保管状態にもよりますが、一か月に一度位、チェーンへの注油が必要です。

 

今は、修理にお伺いする時、メンテナンス用のオイルを差し上げられるように準備しています。

 

日常点検についても、お気軽にご相談ください。

不調な空気入れも、口金交換や、パッキングの交換でなおる場合があります。

親指でタイヤの側面を押しても、ほんの少ししかへこまない程度まで、空気を入れてください。
自転車に乗った状態で、タイヤと路面の接する長さが10cm程度が体重で補正した最適の空気圧です。
(軽快車の場合です。スポーツタイプでは、タイヤの適正空気圧が異なります)

« RDのケーブルが通らない | トップページ | ワイヤリング完了? »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/58026423

この記事へのトラックバック一覧です: 毎月19日は、自転車の空気入れる日です。:

« RDのケーブルが通らない | トップページ | ワイヤリング完了? »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング