« MINOURA DS-530 スライドフック式スタンド | トップページ | ノーパンクタイヤ(e-コア) 体験-1 »

2014年9月16日 (火)

擦れパンクの対処

時々、ご紹介していますが、パッチ不良で失敗していた擦れパンクの修理が今回は完璧にできました。

擦れパンクの場合は、穴の周囲を確認して、傷が深そうなところまで大き目のパッチを貼って予防もします。
140915_112828

長さは7cm位でしょうか?

マルニのパッチシートを切り出しで貼ります。

« MINOURA DS-530 スライドフック式スタンド | トップページ | ノーパンクタイヤ(e-コア) 体験-1 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
大きなパッチを貼る経験のない私はドキドキしてしまうのですが、
剥がれてこないコツはあるのですか?
好奇心旺盛なあのこらさんには、いつも驚かされています‼

SIRIUS☆JUN さん コメント有難うございます。
マルニのパッチシートから切り出していますが、特に変わったことはしていないです。
なるべくタイヤの曲りに合わせて縁を斜めに外側を薄くカットしています。

やすり掛けだけではなくて、マルニのバフいらずを併用しているぐらいです。
ゴムノリは同じくマルニのエコセメントを使っています。

あのこらさま

バフいらず!いいですね(^^)
大きなパッチも問題なく定着するんですね~
また勉強させていただきましたo(_ _)o

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/57382972

この記事へのトラックバック一覧です: 擦れパンクの対処:

« MINOURA DS-530 スライドフック式スタンド | トップページ | ノーパンクタイヤ(e-コア) 体験-1 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング