« 毎月19日は、自転車の空気入れる日です。 | トップページ | 利かなくなったローラーブレーキ »

2014年9月19日 (金)

ノーパンクタイヤ(e-コア) 体験-2

ノーパンクタイヤ(e-コア) 体験-1で画像を使い果たしてしまいましたので、画像は有りません。

先日、後輪をノーパンクタイヤ(e-コア)化したのに続き、前輪もe-コア化しました。

スペーサーのホッチキス止めは相変わらずうまくいきませんが、タイヤにe-コアを入れるのは、慣れたのでしょうか、案外すんなりと入ってしまいました。
石鹸での手の滑りが今日は気になりません。
最後のはめ込みで四苦八苦するのは、変わりませんが、何とか嵌めることが出来ています。

早速、近所を一回りしてきましたが、

【漕ぎ出し】
装着した自転車が、内装3段変速の為か、左程、漕ぎ出しが重いとは感じません。3速でなかなかスピードが上がらないというもたつきを少し感じます。

【取り回しの重さ】
明らかに重くはなっているのですが、シティサイクルの中でも、ちょっと重めのPanasonicのガチャリンコ搭載車がベースだった為か、これなら何とか使えるという印象です。非力な女性にはお勧めしない方がいいかもしれません。

【走行性】
トップギヤ(内装3段)でスピードが上がりにくいもたつきは感じますが、スピードが乗った時の抵抗感は、かえってe-コアの方が少なく感じます。e-コアに変える前の空気圧は3気圧を維持していましたので、空気を入れるのが面倒と思われるお客様には、かえって安定した走行性を提供できそうです。

【操舵性】
特に違和感は有りません。

【制動】
ホイールの重量は増えていますが、違和感は有りません。

【振動】
一番気にしていたところですが、駄目出しをするほどの振動は有りません。
意識して溝の蓋の上や、段差も走ってみました。
空気に比べると多少は振動の吸収が悪く、ショックの立ち上がりが急に感じます。
それでも、ハンドルを持つ手が痺れるほどのガタガタ感は有りません。

【走行時の疲労感】
近所をほんの一回りしただけなので、結論を出すのは早いかもしれませんが、あまり大きな差はないような気がします。

改めて、30分程、川土手を走ってきました。長時間乗ると、ちょっと疲れは大きいようです。

【転がり抵抗】
測定したわけではないので、感想です。
坂を下った時の、速度の乗りが悪いです。3速でのもたつきや、疲労感もここからきているのかもしれません。

今、チューブ入りのタイヤに乗られている方が、e-コアに変えるのは、価格面で抵抗が有って、すぐに変えられるとは思えませんが、新車購入時に、ノーパンクタイヤを選ばれる方は、増えるのではないかと思います。
(セブンイレブンの宅配電動アシストもノーパンクタイヤなんです。)

将来は、自転車の修理の中で、パンク修理の比率は下がると思った方が良さそうです。
バルブ根本のパンク修理にこだわっているのも、笑い話になりそうです。

« 毎月19日は、自転車の空気入れる日です。 | トップページ | 利かなくなったローラーブレーキ »

e-コアフィットインシステム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんばんはhappy01

bicycleノーパンクタイヤ(e-コア) の詳細な取り付け方、レポートお疲れ様です。
前々から気になってたので興味深く、良好な結果で良かったです。

重さの面や乗り心地など… どうなのかと思いましたが
パンクしないというsign02ノーパンクタイヤ(e-コア)のメリット面の恩恵が乗り手に重要な
人には選択肢になりそうですね。

ノーパンクタイヤ(e-コア)bicycledollarwrench取り付け費用が少し気になりますが
耐久性も気になるので是非、長期レポート?もお願いしますsmile


パンク修理が新技術や新商品等で将来的に減る時代が来るのか?
どうなりますかね~coldsweats01
でも写真がデジタルcameraになって、気軽に廉価でフイルム現像してくれる
近所のお店が皆無になったのが…最近の驚きですshock

力太郎さん いつもご覧いただき有難うございます。
思いのほか、違和感が無くて、びっくりです。
価格が下がってくれば、普及に弾みがついて、一気に普及するかもしれないと感じました。
空気量が増えて、内部に閉じ込める空気圧が上がったら、乗り心地も転がりももっと良くなるかと思います。

いろんなメーカーの参入が有れば、素材の性能も向上する期待も持てそうです。

他にも、いろいろ試したいことがあるので、長期レポートは難しいいかもしれません。

レコード→CD、フィルム→デジタル、ブラウン管→液晶、固定電話→携帯、ガソリンエンジン→モーター(最近のハイブリッドは、モーター駆動が主になってきているそうです。)ほんのちょっとしたきっかけで新旧の技術が入れ替わりますね。

タイヤも、チューブが発明される前は、ソリッドタイヤが普通だったのですから、ソリッドタイヤの新しい技術が開発されれば、先祖返りするのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/57418008

この記事へのトラックバック一覧です: ノーパンクタイヤ(e-コア) 体験-2:

« 毎月19日は、自転車の空気入れる日です。 | トップページ | 利かなくなったローラーブレーキ »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング