« 自転車技士 過去問? 合格点に至らず  | トップページ | リヤブレーキ効き改善試行-1 »

2014年8月 5日 (火)

器物損壊罪

刑法261条 条文

前三条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処する。

これは、明らかに、条文に該当すると思います。
140805_145611

新狭山駅の駐輪場で被害に遭われたそうです。

前輪、後輪とも、カッターで切られています。

新狭山駅周辺の方は、お気をつけてください。

*犯人へ*
軽い気持ちでやったのかもしれませんが、これは、器物損壊罪に該当する犯罪です。捕まったら、犯罪者です。
いたずらでは、終わりません。

« 自転車技士 過去問? 合格点に至らず  | トップページ | リヤブレーキ効き改善試行-1 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/56998833

この記事へのトラックバック一覧です: 器物損壊罪:

« 自転車技士 過去問? 合格点に至らず  | トップページ | リヤブレーキ効き改善試行-1 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング