« ブレーキ鳴き消音テスト -1 | トップページ | タイヤカーカス切れ »

2014年8月 2日 (土)

自転車安全整備士・自転車技士が国家資格ではない理由?

自転車安全整備士・自転車技士についてNETでいろいろ調べています。

TSマークという自転車に張るシールがあります。自転車安全整備士が点検をして、必要な部品を交換して、安全な自転車と認めて、貼ります。
このマークがついた自転車に乗っている人が、万一事故を起こした場合に、保険で補償が受けられる制度です。

JISマークやBAA、SGといった、品質検査をされた結果のシールが張られていることが、TSマークの前提かと思って調べたのですが、そのような記述は見つけることは出来ませんでした。

(ここにもきっといろんな自転車販売店、メーカーの確執があったのだろうと想像しています。)

本題ですが、そんな調べ物の最中に

「国と特に密接な関係がある」公益法人への該当性について 」という記述を、安全整備士の認定団体の「公益財団法人日本交通管理技術協会」と自転車技士の認定団体「日本車輛検査協会」で見つけました。

いずれも、該当しませんとの表示です。

密接関連公益法人一覧 はhttp://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/files/000287167.pdf
に在りますが、国家資格の美容師、整体師、無線技士などの認定団体は該当していました。

公益財団法人日本交通管理技術協会の理事は、こちらで公開されていますが、お巡りさん関係が目につきます。

日本車輛検査協会は経済産業省との関わりの深い協会です。

「国と特に密接な関係がある」公益法人への天下りには、いろいろ手続きが必要そうで、それを嫌って、国家資格にしないのかななどと、うがった見方をしてしまいました。

こんなことを書いたら、面接で落とされるでしょうか?

« ブレーキ鳴き消音テスト -1 | トップページ | タイヤカーカス切れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/56965125

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車安全整備士・自転車技士が国家資格ではない理由?:

« ブレーキ鳴き消音テスト -1 | トップページ | タイヤカーカス切れ »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)関連記事

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング