« 7月24日、25日は臨時休業致します。 | トップページ | 買い物・出張サービス支援事業 »

2014年7月23日 (水)

SANYOハブダイナモの分解

昨日記事にした、断線したハブダイナモですが、SANYO製です。
140723_130339

左のプラスチックカバーが本体と接していません。
140723_130419_2

分解手順は、まずはめてあるカバーを外します。
140723_130431

細めのドライバーなどを隙間から入れ、跳ね上げるように外します。

ナットを外します。
140723_130602

押さえの座金を外します。
140723_130730
ここから先の部品は、シリコーン系?の接着剤で防水も兼ねていると思われますが、固定されています。

端子の保護カバーを外します。
140723_130823

もう一枚あります。
140723_130936
配線に負荷を掛けない様外します。

ナットのように見えますが、はめてあるだけです。
140723_130942_2
この部品も外しておきます。

シリコンゴムのシートも外します。
140723_131102_2

これで右の本体カバーが外せる状態になります。
140723_131400
軸受は、シールドされたベアリングです。

カバーのナット状の部分は、面幅31mmですが、32mmのボックスで回します。
140723_131436
左程、硬くは締まっておらず、スパナで外せました。

ボックスでカバーを緩めるときは、気にする必要はありませんが、カバーを外す時は配線に注意します。

回転子が見えました。
140723_132214

目視で断線を確認するなら、ここまででOKです。

どうしても、回転子まで取り出したい時は、左側のナットを外します。
140723_130720_2

ベアリングの内筒に嵌め合いになっていますので、軸方向から、叩きます。
ベアリング交換が前提の作業です。
あまりお勧めは出来ません。
140723_132222
ボルトを痛めたくないので、ナットを掛けて、金づちで叩きます。

回転子まで取り出せます。
140723_150151
嵌め合いだと思ったのですが、違いました。
接着剤での固定でした。

ナットに座繰りがしてあります。組立時には注意が必要です。
140723_151511

シールドベアリングですし、各所シリコンシーリングで防水されていますので、基本的にはメンテナンスフリーの製品だと思います。

« 7月24日、25日は臨時休業致します。 | トップページ | 買い物・出張サービス支援事業 »

ハブダイナモ」カテゴリの記事

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんばんはhappy01
サンヨー製ハブダイナモの分解、興味深く参考になりました。
前々から興味あったので面白かったです。happy01
なかなか…凄いモノがcoldsweats02
あの中に納まっているんですね!coldsweats01

最近、知人に貰ったシマノのHB-NX22というハブダイナモを分解しようと
思いましたが取っ掛かりが分からずにいてグリス給油のみで断念しましたが…coldsweats01

ハブダイナモ単体だと手で回してもちょっとしか動かないほど
回転が重いモノなのか?で疑問に思いました。coldsweats02

アット@ランプの方が回転は軽いですか?

力太郎さん コメント有難うございます。
断線の原因を知りたかったのと、あわよくば、修理して使おうと思ったのですが、駄目でした。
シマノのHB-NX22に限らず、シマノ製品は探すと分解図が見つかります。
シマノのハブダイナモは、本体カバーの工具の掛かり部が8角なので、厄介です。

単体で重いのは、回転子と磁石が引き合っている所為で、軸がしっかり固定されていれば、離れた後引かれる力も働くので、発電していなければ、理屈では重さは感じないはずです。
手で持っていると、軸がぶれてしまうので、すぐ止まってしまいますが・・・

ハウジングに納まっていなくて剛性が低い分、アット@ランプの方が、わずかですが回転は重いです。

いや~昼間に、前輪を外して整備して夜に走ったらライトが付かなくて焦りました。
そこでこのページを参考にハブダイナモを分解したら、端子からリード線が外れて
るのを発見し、半田付けしなおして点くようになりましたよ。
多分、前輪のナットを締めるときに内側も回ってしまい、引っ張られたんでしょうね。

ともあれ、同じサンヨーのハブダイナモだったので助かりました。
これでゴールデンウィーク中も安心して走れます(^^)

ぽーれん さん コメント有難うございます。
私は修理出来ませんでしたが。記事がお役に立って、修理出来たとの事、
我が事のように、嬉しいです。

似た構造のハブダイナモ分解したことがあります。
組み付け時に何度も断線して修理を断念して思ったのですが、
中のコイルからそのままの単線がソケットに直結な構造だったので、
若干電気がロスしそうですが途中でより線にできれば、
断線も大幅に減りそうなのに何でだろうと思いました。

分解清掃ついでに自転車部品を中身の構造を眺めたりして、
これがこうできればなぁとつい思い浮かべる事があります。

通りすがりさん コメントありがとうございます。
断線は残念でしたね。

自転車は、専用工具も必要ですが、人の力であちらこちら分解できるのでいろんな工夫が出来るのが良いですよね。

修理や部品などで工夫されたアイデアがあったらお教えください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/56874130

この記事へのトラックバック一覧です: SANYOハブダイナモの分解:

« 7月24日、25日は臨時休業致します。 | トップページ | 買い物・出張サービス支援事業 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング