« サンツアー、シマノ コラボレーション | トップページ | パンク(リムテープ切れ)その後 »

2014年5月14日 (水)

集団的自衛権行使容認について

自営業なので、お客様に余計な先入観をお持ち頂きたくなくて、今まで個人的な信条をブログで書くことは意識して避けていました。

流石に、今回の憲法解釈での集団的自衛権容認には黙っていることが出来ません。

武力を誇示して、戦争をしたがっているようにしか思えません。

私は、臆病者で、愛国心もありません。
身近な人を守るために、盾になる覚悟はありますが、得体のしれない国という存在を守るために、人を殺す武器を持ちたくはありません。

国という存在を守るという名目で、国民を殺人者にする、そこに本当に国民を愛する気持ちがあるのでしょうか。

国民を守るためには、武力行使ではなく、粘り強い話し合いと、政治家相互の理解と、国際関係の強化で乗り切って頂きたいです。

« サンツアー、シマノ コラボレーション | トップページ | パンク(リムテープ切れ)その後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/56186997

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権行使容認について:

« サンツアー、シマノ コラボレーション | トップページ | パンク(リムテープ切れ)その後 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング