« 不可解なアクセス | トップページ | 胃腸炎騒動 »

2014年4月 8日 (火)

ステンレスリムの振れ取りは難しい

「後輪のタイヤが廻らなくなったんです」「スポークがおれているんです」とのご依頼です。

リピータのお客様で、28インチの自転車に乗られています。
6本組で300mmのスポークです。

本当に急ブレーキを掛けたら、折れたそうです。後輪がスキッドしたとの事ですが、荷台も曲がっていたので、何かに当られたのか、二人乗りをされていたのかと想像しています。

せいぜい1~2本と思っていたのですが、
140407_161906 
御覧の通り、ブレーキ側で、引っ張られる方のスポークが全滅です。

タイヤが、チェーンステー、シートステーに当たって、廻っていませんでした。
タイヤで、1cmぐらいの振れなので、スポークを変えて振れ取りをすれば直るだろうと、取りかかりました。

タイヤ、チューブを外して、スポークを張り、振れは2mm位に収まりました。
タイヤを取り付け、試乗すると、シュッ、シュッとすれる音がします。
タイヤが、泥よけのステーに当たり音がしています。

タイヤを付けると、振れが大きくなっていました。
タイヤを着けたまま、再度の振れ取りを開始しましたが、振れが大きくなるばかりで、収まりません。

お客様に、状況をご説明し、持ち帰り修理となりました。
リム交換です。

持ち帰って撮影したホイールです。
140407_202455
写真だと判りずらいのですが、リムが捻じれています。

正常なリムと合わせてみると、捻じれと、円の潰れがありました。
タイヤなしで、振れ取りがそれなりに出来ても、スポークテンションのばらつきが出来る為、
タイヤを嵌めて圧を掛けると、ホイールとしては変形してしまう状況です。

リムを交換し、振れ取りも終わり、納品、修理完了しました。

初めての、ステンレスリムのホイール組です。

アルミリムに比べると、柔らかい感じで、微妙に縦ぶれ、横ぶれ共、調整が難しいです。

1.5mmの横ぶれで、妥協しました。

« 不可解なアクセス | トップページ | 胃腸炎騒動 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/55687638

この記事へのトラックバック一覧です: ステンレスリムの振れ取りは難しい:

« 不可解なアクセス | トップページ | 胃腸炎騒動 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング