« 外れなかったナット | トップページ | 2014.04.28の異物 »

2014年4月28日 (月)

耐パンクタイヤでのパンク

朝一でのパンク修理でした。

「小まめに空気は入れているんですが」との事でしたが、擦れパンク(空気圧不足によるタイヤとチューブの擦れ)でした。

体格の大柄な方で、タイヤのチェックをした時に、急ブレーキによると思われる偏摩耗もありました。

空気圧のチェックはタイヤを押して確認しているとの事でしたので、タイヤのサイドを押して確認してくださいとお伝えしましたが、耐パンクタイヤは接地部のゴムが厚く、硬いので、上からタイヤを押しても、空気の量が分かりにくいです。

空気が少なくなっても分かり難いので、スーパーバルブとメーター付空気入れででの空気圧管理をお勧めします。

今日も、既定の空気圧を入れて、タイヤのサイドを押して感触を確かめて頂きましたが、「結構固いんですね。」とのご感想でした。

以前にも、書いたかもしれませんが、耐パンクタイヤは、空気圧の管理に気を配ってください。

« 外れなかったナット | トップページ | 2014.04.28の異物 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/55973602

この記事へのトラックバック一覧です: 耐パンクタイヤでのパンク:

« 外れなかったナット | トップページ | 2014.04.28の異物 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング