« ステンレスリムの振れ取りは難しい | トップページ | パンク再修理2014.04.10 »

2014年4月 9日 (水)

胃腸炎騒動

昨日は、孫の胃腸炎騒動で、何にも出来ませんでした。

リピータの方から、ペダルレンチを使わせて欲しいと、お電話を頂き、留守にしているかもしれないので、適当に使って下さいと、工具の置き場所だけお知らせしました。

留守の予定は、孫の診察受診だったのですが、吐き気と、下痢で、トイレに籠っているのを見守っている時に、ご来宅頂きました。

トイレ内で、孫を見守っていた為、ご挨拶にも出る事が出来ず、お話することもできませんでした。

かれこれ、30分以上、二人でトイレに籠っていたと思いますが、お電話を頂き、無事終了しましたとの事で、安堵しました。

お電話いただいた時は、自宅にいたのですが、孫を優先させていただきました。
申し訳ありませんでした。

これに懲りずに、またおいで下さい。

孫も、診察を受けて安心したのか、就寝前には、多少、食欲も出て、回復に向かっています。

何度か、寝入った合間に、VB2010の調べ物をして、テーブルのデータ一覧表示に、DataGridViewという機能が使える事、コンボボックスで入力データの選択も可能なことなどが判りました。

ちょっと前進です。

昨日の記事で、交換した、リムですが、過去の経験上、アルミリムなら、使用可能と判断するレベルの歪みです。

このまま捨てるのは、忍びないので、13番のスポークでテンションをしっかり掛けて、再生に挑戦してみようと思っています。

リム単体では、振れ取り出来たので、13番のスポークでどこまでテンションを揃えられるか、タイヤを付けて、空気を入れても、歪まないホイール組が出来るか、うまく組めれば、応急処置用に、使おうと思っています。

« ステンレスリムの振れ取りは難しい | トップページ | パンク再修理2014.04.10 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/55701501

この記事へのトラックバック一覧です: 胃腸炎騒動:

« ステンレスリムの振れ取りは難しい | トップページ | パンク再修理2014.04.10 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)関連記事

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング