« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の33件の記事

2014年4月30日 (水)

ポタリングのすすめ

自転車散歩のことをポタリングといいます。

散歩ですから、好きなところに、好きな人と自転車で出かけてください。

お弁当を持って行くも良し、コーヒーや紅茶をポットに入れて、好きな景色を見つけたら、ちょっと一服です。

路地に入ると丹精された庭の花がきれいに咲いています。
今の季節なら、芝桜、モッコウバラ、クレマチス、所々、紫モクレンや、まだ咲いているハナミズキが見つかるかもしれません。

河原で水面を眺めながら、魚とりの子供の声も聞こえます。
広い河川敷なら、サッカーや野球をしている子供もいそうです。

古道具屋さんや、陶器屋さん、車は止めにくいけれど、ちょっと気になっているケーキ屋さん、パン屋さんにも入れます。

4月の初めに、しだれ桜を見に行って、今日は、目的は果たせませんでしたが、生うどんを探しに行きました。

自宅から、半径5キロの円内なら、自転車でのんびり走っても1時間でおつりが来ます。
半日つぶせるなら、10キロ圏内まで大丈夫です。

車では、見えないもの、歩きではちょっと遠いところ、自転車ならではの楽しみが見つかるかもしれません。

実は、普通の自転車って、ポタリングには最適なんです。
乗っている姿勢が高いので、のんびり周りが見えます。
低速でもハンドルが安定しています。
荷物を持って出かけられます。気に入ったお買い物も持って帰れます。
普段の服装で、そのまま出かけることが出来ます。

気持ちよく走るには、ちょっとタイヤの空気を見てやってください。
チェーンに少し油を差してやってください。
サドルを踵がつかない高さまで上げてやってください。
(ブレーキだけは、しっかり止まれることを確認しておいてください)

これだけで、嫌な音のしない、漕ぎやすい、疲れにくい、楽しい自転車散歩になります。

2014年4月29日 (火)

2014.04.28の異物

久しぶりで、自宅の自転車がパンクしました。

水調べをすると、チューブの接地面にパンク穴が見つかりました。

タイヤを調べると、しっかり食い込んで残っていました。

金属片のようです。
140428_130149

2014年4月28日 (月)

耐パンクタイヤでのパンク

朝一でのパンク修理でした。

「小まめに空気は入れているんですが」との事でしたが、擦れパンク(空気圧不足によるタイヤとチューブの擦れ)でした。

体格の大柄な方で、タイヤのチェックをした時に、急ブレーキによると思われる偏摩耗もありました。

空気圧のチェックはタイヤを押して確認しているとの事でしたので、タイヤのサイドを押して確認してくださいとお伝えしましたが、耐パンクタイヤは接地部のゴムが厚く、硬いので、上からタイヤを押しても、空気の量が分かりにくいです。

空気が少なくなっても分かり難いので、スーパーバルブとメーター付空気入れででの空気圧管理をお勧めします。

今日も、既定の空気圧を入れて、タイヤのサイドを押して感触を確かめて頂きましたが、「結構固いんですね。」とのご感想でした。

以前にも、書いたかもしれませんが、耐パンクタイヤは、空気圧の管理に気を配ってください。

2014年4月27日 (日)

外れなかったナット

今日は、スポークが錆びて不安を感じた、ホイールの交換にお伺いしました。

昨日、防錆処理も、バランスも回転も確認済みなので、作業としては交換のみです。
なるべく、お客様のご負担を少なくする為、使える部品は古いホイールから流用します。

気がかりだった、フリースプロケットは、あっけなく外れましたが、ローラーブレーキの固定ナットが固くて、緩みません。
緩み用に、オイルを吹いて、先に前輪の作業を済ませ、再挑戦しましたが、駄目です。

ハブレンチでもスパナでも、ナットの角を削ってしまいました。
140427_162247

救いは、ナットの角を全高で舐めていないことです。

手持ちの工具では、これ以上の作業はできず、新しいホイールには、新しいブレーキを取り付けました。

自宅に戻って、工具を準備して本気で取り掛かりました。
普通なら、ブレーキを手で掛けると、ブレーキが固定されて、ナットを緩められるのですが、ナットを回すと、本体が伴回りします。

ブレーキの固定に、丈夫そうな紐を使ってみました。
140427_162946
かなり強く締めたのですが、紐が伸びるのか、これでも駄目でした。

折れスポークを使って、ニップルで絞めて固定しましたが、それでも完全に固定できず、かなり改善はされたのですが、伴回りします。

反対側の玉受けに、ハブレンチを掛けて、スポークに固定しました。
140427_165019

この為に新たに購入した、17mmメガネレンチを遊ばないように座金を掛けてナットで押さえます。
140427_165332_2

これで、ようやく外れました。
一時は、ナットとボルトの固着を本気で心配したのですが、やれやれです。

機械で絞めているのかもしれませんが、ナットとボルトの締め付けトルクの範囲を超えている気がします。

今日交換した古いホイールは、スポークとニップルを全交換して、中古ホイールとして使用します。
27インチのアルミ ハブダイナモとアルミ外装変速 ローラーブレーキホイールになります。

ハブダイナモホイールは、交換費用込 1,500円
後輪は交換費用込 1、800円です。

希望される方は、依頼時にお申し付けください。

*2016/01/22追記
円安による、輸入品価格高騰のため、現在の価格は下記の通りになります。
ハブダイナモホイールは、交換費用込 3,000円
後輪は交換費用込 2、800円です。

2014年4月26日 (土)

丈夫そうなボスフリーハブ

いい天気で、ホイール交換が明日になったので、中古部品の整理をしていたところ、こんなボスフリーハブが出てきました。

ハブ軸の中央部が太くなっています。
140426_164252
測ってはいませんが、12mm位の太さがありそうです。

ShimanoのRH-IM11という型番のハブに使われています。
140426_164420

他社のボスフリーハブにも流用できるかどうかは分かりませんが、修理用部品として、大事に管理しようと思います。

後輪のボスフリーハブにはこんなハブ軸が標準になってもいいのでは、というのが、素直な感想です。

2014年4月25日 (金)

明日の準備

明日は、スポークが錆びてしまった自転車の前後ホイール交換です。

少しでも長く、きれいでいて欲しいので、スポークとニップルの接点に錆び防止スプレーを吹きました。
140425_144156
クリアーで乾きが速いので、今のお気に入りです。

先日の、ハブ軸破損があったからではないですが、ホイールの回転もしっかりチェックしました。
前、後輪とも、回転も振れも問題なしです。手で握っただけですが、スポークの張りも問題なしです。

バイクでのご訪問なので、ホイールの運搬には、こんな工夫をしています。
140425_151426
荷台にホイールの運搬金具を付けています。

理科の実験室にある、クランプ金具です。
140425_151407

少し見づらいです。ごめんなさい。
両側に付けて、前後輪が運べます。
ハンドルの幅内には、おさまっている?と思うので、車両規定には違反していないつもり?です。

2014年4月24日 (木)

Windows8.1 導入覚書

OSの更新は、一段落しました。

いくつか、ミスもしていたようなので、手順の覚書を残しておきます。

・更新のインストールに失敗が多発
 今までのOSインストール時には、ネット接続を外して行うという、自分の中での取り決めがあったのですが、8.1は、インストール時に更新プログラムをダウンロードして同時にインストールしてくれるため、ネットに接続した状態で再インストールしました。
→今のところ、失敗した更新も再度インストールされて成功しています。

デスクトップ環境で使用する為、
・スタート画面を表示しない。
Windows 8/8.1で[スタート]画面をスキップしてデスクトップを表示するに従い、タスクバーのプロパティでナビゲーションのスタートアップの設定を変更

・ロック画面を表示しない。
レジストリによるロック画面禁止の設定に従いHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windowsに「Personalization」キーを作成、「NoLockScreen」の名前を作成。

・パスワード入力なしでデスクトップ画面を表示する。
windows 8 自動 ログオン|ログイン に従い、パスワードなしのローカルアカウントを作成

設定としました。

2014年4月23日 (水)

後輪ハブ軸折れ

「段差を上がった時に、パキっと音がして、軸が折れたようなんですが、修理できますか?」
とお問い合わせをいただきました。

確認すると、外装6段のVブレーキ仕様です。(ローラーブレーキ→Vブレーキ 2014.04.23訂正)
在庫のホイールから外せば、修理できそうだったので、お受けしました。

車輪がふらふらするんですとの事で、ナットを緩めると、スプロケット側のハブシャフトがポロっと動きました。

外した軸はこんな状態でした。
140423_180021_2
見事に折れていましたが、まだ、購入されて2か月程だそうです。

破断面です。
140423_220157_3
金属疲労なのかもしれませんが、明らかに、腐食しているように見えます。
白く光っている部分が、金属の地金が見えている部分です。

「よくパンクしませんでしたね」 とごあいさつしたのですが、 ここまで腐食が進んでいれば、当然という気がします。

「乗り方が乱暴なんです」とおっしゃっていましたが、購入されて2か月でここまで破断が進むものでしょうか。
指先で挟んで、捏ねると、ベアリング球が真球ではないような感触です。
玉当たりの調整が締めすぎで、ハブ軸にかなりストレスが掛かっていたのでは、と想像しますが、あたっているのでしょうか?

悩んだのが、こちらの画像です。
140423_215819_3_2

潰れた玉押しのカバーと、削れたハブ軸です。

シャフトの折れの原因になったのかと、しばらく考えましたが、どんな組み方をしても、シャフトがこのように削れることが考えられず、ハブ軸の折れの結果と捉えました。

2014年4月22日 (火)

OS更新 その後-2

今日は、更新のインストールに一日を費やしました。

多分、まだ最新の状態までは行き着いていないと思います。
この記事を書いた後、更に、更新のインストールを続ける予定です。

昨日、遅いと書いたWIN8.1の動作ですが、今日、メモリーを4G増設して、ほぼ、XPと同等の速度に改善されたようです。

タスクマネージャーで見ると、メモリーの使用率がほぼ30%ぐらいで落ち着いています。
CPUの使用率が100%の状態になることが多いので、CPUももう少しハイスペックのものが必要なのかもしれません。

動画などを、見ることは少ないので、しばらくはこのスペックで使ってみます。

ウィンドウズボタン+Xでコントロールパネル系のメニューやエクスプローラメニューが出ることが分かったので、少しは使えるようになりました。

もう少し、更新を続けて、最後の仕事は、事故車の修理明細の作成です。

2014年4月21日 (月)

OS更新 Access業務管理

スタート画面から、デスクトップ画面へ移動できるようになり、少しは今までの使い方が出来はじめました。

ただ、1Gのメモリーの50%が使用済みとなっているためか、CPU(Athron 2G)の能力不足なのか、動作が遅いです。

使用中の業務管理(Access版)はアクセス権の設定をしないと動きませんでした。
2007_1
読み取り専用の表示が出ます。

2007_3
プロパティを開いて、セキュリティのアクセス許可を編集します。

フルコントロールに設定します。
2007_4

同様に、 レプリケーション設定しているanocoraData.mdbもアクセス権の設定が必要でした。

悩んだのが、バックアップファイルの自動削除です。
パス名が存在しませんとエラー表示され、WIN8では、パス名の設定に、変更点があるのかとちょっと調べました。
これも、アクセス権の設定で解決しました。

今のところは、問題点はこれぐらいですが、WIN8で普通に動いているソフトはアクセス権についてどんなロジックで対応をしているのでしょうか?



2014年4月20日 (日)

OS更新

暫くは、WinXPを使い続ける予定だったのですが、IE8でマネールック(口座管理アプリ)が動かなくなり、やむなく、Win8.1に更新しました。

XPでも、Windowsクラシックに画面設定を変えて使っていたので、画面の操作に戸惑うばかりです。

今、文章を入力するのも、予測変換のプルダウンが煩わしくてしょうがありません。

PCはオークションで安く落札した、DellのDIMENSION E521ですが、インストールは64bit版で問題なく出来ました。

後は、使用環境の再構成と、インターフェィスの使いやすい設定を探さなければいけません。

これだけ操作体系が一変すると、更新に躊躇するのは当然かと思います。

設定で、古い操作体系が選択できればいいのですが、まだそれらしい設定は見つけられていません。

2014年4月19日 (土)

川越の煎餅

川越市内と近郊には、お煎餅屋さんの工場がいくつかあります。

直売でこわれ煎餅を販売されている処もあり、修理で近くを通ると、時々、寄り道をして買って帰ります。

今日は、そんなお煎餅屋さんを、いくつかご紹介します。

黒ゴマの一杯入った薄焼き煎餅のカネフク製菓 全国どこに行っても見かけると思います。
川越市内から橋を渡って、川島町に入ってすぐです。
Kanefuku_2

揚げせんの種類が豊富なホンダ製菓 直売所が2か所有りますが、月吉陸橋下の直売所が好きです。
Honnda_1Honnda_2  

 

 

 

月吉陸橋下の直売所は閉められたそうです。
Kimg0347

堅焼きの大判のお煎餅が有ります。川島屋さん
Kawasimaya

濃いめの醤油味のお煎餅です。宮坂米菓
Miyasaka_1 Miyasaka_2

 

 

 

川越近郊で、安くて、おいしいお煎餅屋さんがあったら教えてください。

【2016.06.25追記】
優しい人が、優しい味のお煎餅を作られています。小島米菓
Kojima_2

毎月19日は、自転車の空気を入れる日です。

今日19日は、自転車の空気チェックと空気入れの日です。

「毎月19日は、自転車の空気入れをしましょう。」

今日も自転車に、10分だけ、愛情を注いで下さい。
自転車の、パンクの8割は「リム打ちパンク」と「チューブ擦れパンク」で占められています。
どちらも、空気をしっかり入れる事で、かなり防げます。
異物を踏んで起きる、パンクも、空気がしっかり入っていると、路面との接地面積が少なくなるのと、タイヤが異物を弾いてくれる事で、いくらか防げます。

タイヤも消耗品です。雨でも乗られる方は、タイヤの溝が無くなったら、スリップによる転倒の危険を避けるため、交換してください。
雨の日は乗らない方で限界まで使いたい方でも、タイヤの内部の布が見えたら、交換時期です。布の繊維がほつれていたら、いつ、タイヤが破裂してもおかしく有りません。
パンクの修理でお伺いしても、タイヤの交換が必要な修理なら、パンク修理より安上がりなので、同時に、チューブも交換します。

不調な空気入れも、口金交換や、パッキングの交換でなおる場合があります。

空気が軽く入れられる、スーパーバルブなど、百均でも売られています。

親指でタイヤを押しても、ほんの少ししかへこまない程度まで、空気を入れてください。
自転車に乗った状態で、タイヤと路面の接する長さが10cm程度が体重で補正した最適の空気圧です。
(軽快車の場合です。スポーツタイプでは、タイヤの適正空気圧が異なります)

2014年4月18日 (金)

グリーンカーテン準備開始

昨年は、5月3日にネットを張りましたが、弦が伸び切らないうちに暑くなりました。

今年は、少し早めに、苗を買ってきましたので、ネットも新しく購入しました。

今年は、暑くなる前に、カーテンが出来るといいな。

今年も、なるべく、クーラーを使わず、少しでも省エネ生活を心がけようと思います。

昨年暮れに閉店した、カタクラの後に、大和ハウス系のロイヤルプロがオープンしたので、覗きに行ってきました。
Photo

フロアの半分近くが、作業服で占められていて、工具は、それなりに充実していましたが、自転車に使えそうな、ケミカルや、塗料などの品ぞろえは少なかったです。
塗料は見落としたのか、見つけられませんでした。

今の品ぞろえでは、あまり顔を出すことはないかなとの印象です。

2014年4月17日 (木)

スペシャルGバルブ 使用再開

3週間ほど前になりますが、使用後のエアー漏れに不安を感じて、「スペシャルGバルブ 使用停止」の記事を書きました。

その後、スーパーバルブを使っては見たのですが、以前の印象とは違い、空気を入れるのが重く、当然、ポンプの圧力計も大きな数字を示す為、スペシャルGバルブの使用を再検討していました。

感じていた問題点は、
・バルブの締め付けの緩み
・バルブ内部の弁の異常を目視で確認できない
の2点でした。

バルブの緩みについては、取り付け時に、しっかり締めること(ゴムキャップを外す際に緩まないこと)で、対処は出来ます。

バルブ内部の弁の部分を目視で確認できない点について、全数検査で対処できるようにしました。

バルブの検査用治具です。
140417_114931
廃チューブからバルブを取り出し、ポンプの口金に差し込めるよう、外形を削りました。

こんな組合せになります。
140417_115054

今までも、パンク修理時には、バルブからのエアー漏れはチェックしていましたが、むき出しのチューブだと掛けられる圧は1気圧が限度でした。

この治具を使うことで、使用時の空気圧(3気圧)でのエアー漏れのチェックが出来るようになりました。
140417_115332
メーターが少し高めの4気圧になっていますが、しっかり、エアー漏れのチェックは出来ます。

自分なりには、これで問題点が解決できたので、スペシャルGバルブの使用を再開します。

2014年4月16日 (水)

フレームの汚れ落とし

修理で自転車を触らせて頂いていると、明るい色のフレームで、自転車としてはまだ新しいのに、靴の擦れ痕が付いていたり、ブレーキシューの削りかすが着いていたり、等、落とせるなら汚れを落としたいと思う事が時々あります。

自転車用の洗剤などは持ち歩けませんので、ちょっと工夫をして汚れを落としています。

今日もそんな自転車に当たりました。
140416_133419_1_2
清掃前です。

清掃後です。
140416_133429_1
くすんだ、黒い汚れを落としました。

使ったのは、
Y556_2

パンク修理時のチューブ清掃 剤ですが、フレームの汚れや、リムのブレーキゴムの付着が良く落ちます。

多少、塗膜も溶かすようなので、目だ立たないところで、試してから使っています。

話は変わりますが、先日「何の花」の花の名前は「リナリア」というそうです。
和名は「ヒメキンギョソウ(姫金魚草)」
家内が、調べてきてくれました。

2014.04.16の異物

パンク個所が1っ個所で、小さな穴だったので、異物を疑って、チューブのパンク位置とタイヤを合わせましたが、なかなか、指先に当たりませんでした。

懸命に探した結果、これが見つかりました。
140416_131534

引き抜きも、ラジオペンチでは掴めず、ニッパーの刃で挟んで抜きました。
140416_131704
長さ4mm位の鋼線です。

付近に異物がないか探しましたが、他の異物は見つかりませんでした。

2014年4月15日 (火)

700Cチューブ交換

気候が良くなって自転車で出かける方が増えたのでしょうか?

700Cのチューブでバルブ根元パンクに続けて遭遇しています。
2件続いたのですが、1件はタイヤ内でチューブが畳まれた状態でした。
もう1件も、残った後輪の空気圧が低めでした。

通常、パンクは後輪が多いのですが、バルブ根元パンクは前輪の方が多い気がします。
今回の2件とも、前輪でした。

考えられる原因として、空気圧が不足していることが前提ですが、
ブレーキを掛けた時には、後輪の荷重は抜けて、前輪に荷重が集中する為、タイヤとリムのずれが前輪側で発生しやすいのではないかと想像しています。

タイヤは、ゴムの摩擦力と、内部の空気圧でリムに保持されているだけですから、空気圧が下がると、ブレーキングでタイヤの位置がずれてしまい、チューブはタイヤに引っ張られて、固定されているバルブの根元で破断が起きるのではないでしょうか。

空気圧の管理と、急制動の回避がバルブ根元パンクの発生予防には効果的だと思います。

接着不良や、チューブのゴムの引っ張り強度が不足していると、起り易いのは当然です。

チューブレスが一番根本的な解決法でしょうが、チューブラーでもバルブ根元のパンクは有ったのでしょうか?

まだ修理法が確立できていないことと、高圧環境を考慮して、2件ともチューブ交換で対処させていただきました。

2014年4月14日 (月)

メニューとデータ入力画面

少しづつですが、勉強は進んでいます。

まだ習作ですが、メニュー画面とデータ入力のフォームを作りました。
Jan

メニューについては、表現と並び順、プルダウンの構成についてまだ確定できていません。
異なる業務フローを統合して使おうとするとメニューの作成で、悩みます。

入力画面についても、列の幅や、コンボの実装等、画面も完成していませんし、コードは全く手つかずです。

VBで作成はしていますが、構造化などあまり深くは考えず、今ACCESSで実現できていることを整理しながら、判り易く、修正の簡単なプログラムに出来ればいいなと思います。

2014年4月13日 (日)

ステンレスリム 振取り

「ステンレスリムの振れ取りは難しい」の記事で、再挑戦しますと書いた、28インチステンレスリムですが、13番のスポークが届いたので、もう一度組んでみました。

ニップルを3個舐めて、縦ぶれはなんとか1mmぐらいに収めました。

その後、テンションを測って、緩めのスポークのテンションをある程度揃えました。

結果は、この動画のとおりです。

御覧の通り、全く、振れは取れませんでした。

テンションをあまり掛けていない時は、それなりに振れが取れている気がしたのですが、タイヤの空気圧に負けないように、テンションを掛けようとすると、振れが出ます。

すべてではないかもしれませんが、ステンレスリムについては、歪みを確認したら即、廃棄が正しそうです。

初めての動画ブログです。
YouTubeに投稿した動画の埋め込みコードを、HTMLの編集画面を開いて貼り付けました。

何の花

今日の修理の帰りに見かけた花です。

道路と壁の間の地面をうまく使われていました。
140413_101724

ちょっと、透明感が有って、花の形が可愛かったので
140413_101912

2色植えられていました。
140413_102029

車が通る度に、花弁が風で揺れてしまいブレているかと心配でしたが、縮小するとそれなりに絵になりました。

道を行く人を楽しませる為に植えられた気がして、ちょっといいものを見た気分です。

2014年4月12日 (土)

ブレーキ交換

家内のポタリング車になっている、ドイツ製軽快車PEGASUSですが、後輪のカンチブレーキのバランス調整が出来ない為、ブレーキをDIA-COMPE ブレーキ DC988に変更しました。Dc988

変更前は、
140412_093218

変更後は、
140412_115011_2 

ブレーキの選択に、特にこだわりは有りませんでした。
ShimanoとDIACOMPEしか、いつもの卸屋さんの扱いでは選択肢がなく、Shimano嫌いとしては、これしか有りませんでした。

少しだけこだわったのは、チドリです。
オリジナルのチドリではなく、サンツアーの手持ちのチドリを使いました。
140412_115057
チドリから出る縦のワイヤーを出来るだけ短くしたかったので、チドリの位置を固定してから、カンチブレーキのワイヤーを張りました。

カンチブレーキのワイヤーを外せることは確認しています。

チドリは、サンツアーの方が小ぶりです。
140412_123536

シューが少し柔らかめで、ブレーキそのものの剛性の差は特に感じる事は有りませんが、コントロールはしやすくなりました。

家内の評価は、「新しいブレーキだけが浮いている。」とあまり芳しくありません。

13mmのハブレンチでバランスが取れますので、調整はし易いです。

2014年4月11日 (金)

自転車は自分の命を預けるもの

他の方の自転車記事をブログのネタにするのは、初めてですが、今日は、思わず、ブログの過去記事を読ませていただいたブログのご紹介をします。

東京都小金井市のシンワサイクルさんの店長が書かれているシンワブログです。

自転車の紹介記事以外は、修理に関連するブログなのですが、「自転車は自分の命を預けるもの」という言葉が、随所に出てきます。

かなり辛口のブログですが、自転車の修理に携わるものとして、共感できる部分も多々ありましたので、ご紹介させていただきます。

「プロに見られて恥ずかしい修理をしないのが修理のプロ」
「人が安全に気持ちよく乗る」
「無駄にお金を使って欲しくない。
・・・
ですから、お客様が一番得する方法をご提案しているのです。」

等々、当店でも心がけているつもりです。

自転車店さんのブログとして、埼玉県富士見市のリングジャパンさんのブログも同様の趣旨で書かれています。

こんな、自転車屋さんには、ホームセンター、チェーン店に負けずに頑張って欲しいです。

2014年4月10日 (木)

パンク再修理2014.04.10

昨日、パンク修理をさせて頂いたお客様から、「まだ乗っていないんですけど、空気が無くなったので、もう一度来てください。」とのお電話を頂きました。

昨日の、修理の痕です。
140410_173523
バーストだったので、最大サイズのパッチを貼りました。

ゴム糊を塗った範囲が少し狭かったのか、縁が何箇所か剥がれています。
140410_173654_1
修理後の水調べでは、OKと確認したつもりだったのですが。

改めてチェックしてみると、
140410_174244
1泡/秒で漏れています。

元のパンクは、こんな状態でした。
140410_174803
バーストです。かなり大きな音がしたそうです。

今回は、失敗したので、チューブ交換で対応させていただきました。

ゴム糊を塗る面積を、パッチを当てて、しっかり広く取る事。
今回のチューブは、22インチだったのですが、パッチを四角く切り出しました。
チューブの曲がりの併せてカットすることで、このレベルでもパンク修理は出来るという自信は付きました。

2014年4月 9日 (水)

胃腸炎騒動

昨日は、孫の胃腸炎騒動で、何にも出来ませんでした。

リピータの方から、ペダルレンチを使わせて欲しいと、お電話を頂き、留守にしているかもしれないので、適当に使って下さいと、工具の置き場所だけお知らせしました。

留守の予定は、孫の診察受診だったのですが、吐き気と、下痢で、トイレに籠っているのを見守っている時に、ご来宅頂きました。

トイレ内で、孫を見守っていた為、ご挨拶にも出る事が出来ず、お話することもできませんでした。

かれこれ、30分以上、二人でトイレに籠っていたと思いますが、お電話を頂き、無事終了しましたとの事で、安堵しました。

お電話いただいた時は、自宅にいたのですが、孫を優先させていただきました。
申し訳ありませんでした。

これに懲りずに、またおいで下さい。

孫も、診察を受けて安心したのか、就寝前には、多少、食欲も出て、回復に向かっています。

何度か、寝入った合間に、VB2010の調べ物をして、テーブルのデータ一覧表示に、DataGridViewという機能が使える事、コンボボックスで入力データの選択も可能なことなどが判りました。

ちょっと前進です。

昨日の記事で、交換した、リムですが、過去の経験上、アルミリムなら、使用可能と判断するレベルの歪みです。

このまま捨てるのは、忍びないので、13番のスポークでテンションをしっかり掛けて、再生に挑戦してみようと思っています。

リム単体では、振れ取り出来たので、13番のスポークでどこまでテンションを揃えられるか、タイヤを付けて、空気を入れても、歪まないホイール組が出来るか、うまく組めれば、応急処置用に、使おうと思っています。

2014年4月 8日 (火)

ステンレスリムの振れ取りは難しい

「後輪のタイヤが廻らなくなったんです」「スポークがおれているんです」とのご依頼です。

リピータのお客様で、28インチの自転車に乗られています。
6本組で300mmのスポークです。

本当に急ブレーキを掛けたら、折れたそうです。後輪がスキッドしたとの事ですが、荷台も曲がっていたので、何かに当られたのか、二人乗りをされていたのかと想像しています。

せいぜい1~2本と思っていたのですが、
140407_161906 
御覧の通り、ブレーキ側で、引っ張られる方のスポークが全滅です。

タイヤが、チェーンステー、シートステーに当たって、廻っていませんでした。
タイヤで、1cmぐらいの振れなので、スポークを変えて振れ取りをすれば直るだろうと、取りかかりました。

タイヤ、チューブを外して、スポークを張り、振れは2mm位に収まりました。
タイヤを取り付け、試乗すると、シュッ、シュッとすれる音がします。
タイヤが、泥よけのステーに当たり音がしています。

タイヤを付けると、振れが大きくなっていました。
タイヤを着けたまま、再度の振れ取りを開始しましたが、振れが大きくなるばかりで、収まりません。

お客様に、状況をご説明し、持ち帰り修理となりました。
リム交換です。

持ち帰って撮影したホイールです。
140407_202455
写真だと判りずらいのですが、リムが捻じれています。

正常なリムと合わせてみると、捻じれと、円の潰れがありました。
タイヤなしで、振れ取りがそれなりに出来ても、スポークテンションのばらつきが出来る為、
タイヤを嵌めて圧を掛けると、ホイールとしては変形してしまう状況です。

リムを交換し、振れ取りも終わり、納品、修理完了しました。

初めての、ステンレスリムのホイール組です。

アルミリムに比べると、柔らかい感じで、微妙に縦ぶれ、横ぶれ共、調整が難しいです。

1.5mmの横ぶれで、妥協しました。

2014年4月 7日 (月)

不可解なアクセス

今日のアクセス解析を見て、悩んでいます。

普段は、100に満たないこの時間帯(~AM8:30)のアクセスが300を超えています。
しかも、アクセスされている時間が、朝の4時から7時と普段もっともアクセスがない時間です。
リアルタイムアクセスで確認すると、ほぼ全てのユーザーの言語が英語/アメリカ英語(en-us),CA です。
滞在時間が0秒なのと、古いブログ記事に直接アクセスされているので、検索ロボットでのアクセスではないかと思いますが、ユーザーがユニークなので理解に苦しんでいます。
ココログのアクセス解析は、検索ロボットのアクセスは、カウントされないと思っていたのですが、GOOGLEの検索が変わったのでしょうか?
それとも、新しい検索サイトが出来たのでしょうか?
OSがXPでIEは7です。4月7日のXPサポート終了日になぜこんな古い構成のマシンからの大量アクセスが有るのでしょう?
今10時前です、まだアクセスは減りましたが、途切れていません。

2014年4月 6日 (日)

刻印チューブのパンク修理

久しぶりに、刻印部のパンクに当たりました。

ちょうど刻印の中です。ヤスリ掛けをし始めたところで、思いついて写真を撮ったので、少し削った後ですが、
140406_154337
かなりエッヂの立った刻印です。

エッヂが無くなるまで、ヤスリ掛けをします。
140406_154347
この位のヤスリ掛けは必要です。

タイヤサイドに位置するところでのパンクです。
異物の影響もチェックしましたが、異物は見つかりませんでした。

全然関係のない話に飛びますが、自転車関連の検索をしていて、こんなサービスを見つけました。

都自転車商協組、iモードで自転車店を探せる「パンク.コム」
iモード向けのサービスのようで、我が家の携帯からはアクセスできませんでした。

GPS情報を使って、近くの自転車屋さんを表示するサービスだそうです。
全国で拡がって、少しでも安心して自転車に乗れればいいなと思います。

2014年4月 5日 (土)

徒然

VB2010は、データへのアクセスは出来るようになって、次のステップは、データの追加、更新、削除なのですが、参考にしているサイトでは、1レコード毎の処理フォームで、やりたいと思っている表形式の表示ではなく、しかも、コードの処理にいろんなクラス、メンバーがあり、正直なところ、何これ!という感じです。

ACCESSがいかに簡単にテーブルが扱えたのか、改めて実感中です。

花粉症で、モチベーションが上がらないので、画面を見ているだけで、何も作業は進んでいません。

出張修理の方は、先日のビアンキシングルスピードを、フラットバーに交換してきました。

ハンドルバーのカットは、お客様にお願いし、ブレーキレバーの交換も含めフラットバーに交換しました。

サドルの傾きと、ハンドルバーの高さ調整、ブレーキレバーの取り付け角度、レバーの開き調整等、実施しました。

ご依頼を頂いた時には、フラットバーですか?と思ったのですが、仕上がって見ると、これも有りかな、結構いい感じに仕上がりました。

2014年4月 4日 (金)

データベース接続からやり直し

昨日の記事に、お二人から、コメントでアドバイスを頂きました。

kay 様、takeos様 有難うございます。

もう一度、データベース接続からやり直して見ました。

どんなふうに、接続文字列が設定されるのかと、app.configの
  <connectionStrings>
 ・
 ・
  </connectionStrings>の間に書かれている内容を、一旦消去してみました。
App

データベースを一旦消去して手順に従って、接続したのですが、app.configの
  <connectionStrings>
  </connectionStrings>
の間には、接続情報が入りませんでした。

このソリューションは、最初、SQLサーバーのDBに接続して開始し、途中からACCESSのDBに変更し、更にファイル名を変更したりしていたので、接続文字列が正しくなかった事が原因の一つです。

新しいソリューションを作り、データベース接続をして、出来あがったapp.configの中身をコピーすることで対処しました。
App_2

DbProviderFactories.GetFactory()の引数については、アドバイス頂いた引数に訂正しました。

もう一つ、サイトからプログラムをコピーした際に、訳も分からず
settings = ConfigurationManager.ConnectionStrings("統合管理ConnectionString")と書き換えていたのですが、
settings = ConfigurationManager.ConnectionStrings("WindowsApplication1.My.MySettings.anocora0001ConnectionString")としてNameの値を使うことで、
_8

ちゃんと、検索結果が表示されました。

頂いたアドバイスのおかげです。本当にありがとうございました。
app.configの接続情報についても、なんとか理解できました。

プログラム関連のブログについては、あまり読んで下さる方は居られないだろうと考えていたのですが、読んで下さる方が居て、しかもアドバイスまで頂けて、本当にうれしかったです。

2014年4月 3日 (木)

データベース接続で躓き中

VB2010でACCESSデータベースと繋いで、データベース内のテーブルを覗いたり、フォームにデータを表示したりは、出来たのですが、データを検索するフォームをサイトからコピーして動かそうとしたところで、躓いています。

参考にさせた頂いたサイトはADO.NETです。
商品マスター表検索をコピーしつつ、データベース接続をSQL→mdbに変更して、
顧客マスターを検索するフォームを作ろうとしました。

CreateConnection()に関連するエラーは
S_c
System.Configurationを追加することで、解消できたのですが

こんなフォームを作って、
Form
検索をクリックすると、

Photo

エラーが表示されます。データベースの接続情報をうまく渡せていないようなのですが、
雨にもかかわらず、花粉症で頭が廻りません。

何を調べれば解決できるかにも到達できず、躓き中です。

2014年4月 2日 (水)

新工具入手

新しい工具を入手しました。

軽快車の左ワンの専用スパナ HCW-11 ハンガーワン回し です。
51tonl4jkel_aa1500_1_ 

軽快車の修理をしていると、BBのシャフトのガタつきに良く遭遇します。
BBシェルがフェイスカットされていないこと。
使われているBBの精度が良くない?事が原因だと思います。

中には、組立がいい加減?と思えるものもあったりしますが、そのまま乗り続けると、チェーン外れが起きやすくなったり、BB内のリテーナーベアリングの破損、右ワン破損に至る事も有り、修理時には必ず点検をしています。

見つけると、ロックリングを緩めて、左ワンとBBの玉押しの当たりを調整しています。
軽快車の左ワンは、
300132500x500_1
このタイプが、多く、クランクとのクリアランスが有る時は、モンキーレンチで当たりの調整が出来るのですが、モンキーレンチが入るクリアランスがない方が多く、その時は、クランクを外していました。

今後は、クランクを外さなくても調整が出来ます。
140402_103459
これで、お客様をお待たせする時間が少なくて済むようになります。

2014年4月 1日 (火)

久しぶりのお花見

このところ、PCにへばりついているか、バイクで出かけるばかりなので、身体と、気持ちのストレッチを兼ねて、家内とご近所のお花見にぶらっと出かけてきました。

風もなく、穏やかな天気の中、坂戸市の慈眼寺のしだれ桜です。

坂戸市といっても、中小坂なので、なぐわし公園のすぐ北側です。
140401_114801_1
桜祭りの期間中なので、お寺も飾り付けされています。

2月の雪で枝が何本か折れたそうですが、きれいに咲いています。
140401_114923_1

絵葉書の構図で撮影してみました。
140401_115619_1

帰り道は、小畔川沿いの菜の花の中です。
140401_134736_1

慈眼寺は、桜の期間中だけ、桜保存の協力金で駐車料金200円(任意)です。
自転車は無料でしたが、寄付は受けて頂けるそうです。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング