« トレカ 3バトンホイール 空気入れ | トップページ | SQLサーバー DBの扱い »

2014年3月23日 (日)

業務管理 再構想

メニューの変更や、購入品の入力にJANコードの導入を構想中です。

実店舗と出張修理では、販売のワークフローが全く異なります、顧客情報の入力や受注から販売のタイムラグがあったり、なかったり、防犯登録や、販売後のアフターの捉え方も違ってきます。

メニューでワークフローの組み換えが出来れば最高なのですが、少なくとも、ワークフローが変わっても、対応できるモジュール?、クラス?にしたいです。

殆どの購入品にJANコードが付いていますが、部品販売、修理を考えると、切り売り、分割販売が発生しますから、JANコードだけで、購入・販売・在庫の管理は出来ません。

購入品の入力は、バーコードリーダーを使って、JANコードを入力することで、作業の効率化は出来そうですが、JANコードとは別に、販売商品の管理コードを持つ必要があります。

VB.NETのお勉強は、Visual Basic 中学校の入門講座で始めました。
ようやく、VBで従来のACCESS DBに繋ぐことが出来ました。

次の目標は、SQLサーバーとの接続です。

« トレカ 3バトンホイール 空気入れ | トップページ | SQLサーバー DBの扱い »

VB.net 業務管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/55479269

この記事へのトラックバック一覧です: 業務管理 再構想:

« トレカ 3バトンホイール 空気入れ | トップページ | SQLサーバー DBの扱い »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング