« アトマイザー液漏れチェック | トップページ | 2014.01.12の異物 »

2014年1月11日 (土)

パッチ剥がれ

修理失敗の記事です。

3日前にパンク修理でお伺いし、翌日は使用されず、2日後に通勤で会社まで行かれて、帰りには空気が抜けていたそうです。

刺しパンク状の穴だったので、ホイールを外し、リムテープも外し、リムまでチェックしましたが、異常は発見できず、タイヤの内面の突起物の有無も調べましたが、異常なし。

修理の失敗を悟って、パッチの確認をしたら、下の画像(パッチ剥がし済み)の青矢印の部分で、パッチが一部めくれていました。

捲れたところから、強引にパッチを剥がしたのが、この画像です。
140110_101847_2 

対処としては、修理不能にした当店の責任で、チューブを交換させていただきました。

結果としては、パッチの接着ミスによる剥がれなのですが、明確に思い当たるミスがありません。

-以下は、ブログを書きながらの考察です。-

ヤスリ掛けは、しっかりやり、リブの高さは殆んど残していません。
ゴムノリを塗った後、トーチで炙り、暖めると同時に、溶剤もしっかり飛ばしました。
パッチを貼った後の、水調べも、しっかり空気を入れて行いました。

セミエアロリムだったこと。
パンク穴の形状が変わっていること。
タイヤの指定空気圧が4.5気圧と高かった事。
ホイールの内側でのパンクだったこと。

を思い出しながら、改めて、今、チューブを確認したら、こんなパンク予備軍を見つけました。
140110_182716

画像はミニベロでGOからの借用ですが、リムテープの硬さが足りず、スポーク穴にチューブが落ちて、一部だけ伸びている事が、根本の原因だと推測しました。
20130516_002

お客様に、根本対策として、リムテープを交換したい旨、御連絡しました。

« アトマイザー液漏れチェック | トップページ | 2014.01.12の異物 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/54561109

この記事へのトラックバック一覧です: パッチ剥がれ:

« アトマイザー液漏れチェック | トップページ | 2014.01.12の異物 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング