« ブログ村バナー貼り | トップページ | 見事な使い切り »

2014年1月16日 (木)

ブログ村バナー貼り -2

昨日、「記事の下の方に、ブログ村のバナーが貼ってあったら、うまくいったんだと、思ってやってください。」
と書きましたが、バナーを見た人と見なかった人がいると思います。

トップページを見られた方は、バナーが各記事ごとに表示され、ブログ全体の表示に時間が掛かっていたと思います。

記事を選択して、ご覧になった方には、バナーがなかったと思います。(自分の環境では見えていません)

ということで、まだ道半ばですが、今回行った方法は以下の通りです。

実験委員さんのブログにそのものずばり

JavaScript 記事下に定型文を自動挿入してみる

という記事がありました。

アメブロ用でしたが、殆んどそのまま使わせていただきました。

変更したのは、コメントアウトされていた//http://ameblo.jp/exlink/ を消去

ここに、タグを書いてくださいの部分に
 '面白かったら、クリックをお願いいたします。→<a href="http://cycle.blogmura.com/cycle_service/" target="_blank"><img src="http://cycle.blogmura.com/cycle_service/img/cycle_service88_31.gif"  width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 修理・整備へ" /></a><a href="http://localkantou.blogmura.com/kawagoe/" target="_blank"><img src="http://localkantou.blogmura.com/kawagoe/img/kawagoe88_31.gif"  width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 川越情報へ" /></a>'
を一行で追加

クラスネームを
if(myObj.className=='contents'){ → if(myObj.className=='entry-footer'){
修正しただけです。

【元のスクリプト】

<script language="javascript"><!--
function myF() {

var myMe ='ここにタグを書いてください'
//http://ameblo.jp/exlink/
var myfix = document.getElementsByTagName('div');
for(i = 0; i < myfix.length; i++){
myObj=document.getElementsByTagName('div')[i];
if(myObj.className=='contents'){
myObj.innerHTML += ( '<p class="fix">'+ myMe + '</p>');}}}
window.onload = function(){myF();}
// --></script>

そして、ブログのサブタイトルに追記しました。
Burogu_v_01
Burogu_v_02
Burogu_v_03

改めて調べると、もっと簡単なJQUERYを使った記事もありました。

個別記事でバナーが表示されない事の解消も含め、もう少し足掻いてみます。

« ブログ村バナー貼り | トップページ | 見事な使い切り »

ココログ画面カスタマイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/54623000

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ村バナー貼り -2:

« ブログ村バナー貼り | トップページ | 見事な使い切り »

スライムパンク防止剤は、こんな悪さをする

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

最近のトラックバック

ブログランキング

無料ブログはココログ

rss