« リムテープ切れ | トップページ | イグニッションキーアセンブリ交換 »

2013年12月20日 (金)

インナーワイヤー端末処理

インナーワイヤーの端末処理は、ワイヤーキャップを基本にしています。

アウターに、インナーワイヤーを通すときは、ワイヤーのカット前に通すのが基本ですが、時々、カット済みのインナーを通さざるを得ない時があります。

カットしても、先端がほつれていなければ、スムーズに通りますが、先端がほつれていると、ライナー入りのアウターだと、ほつれたワイヤーが、ライナーに刺さり、通せなくなる時が有ります。

カットした、ワイヤーを通すときは、半田で固めてから通すと、トラブルを回避できます。

インナーワイヤーは、殆んどステンレス製なので、ステンレス用のハンダを準備します。
131217_120553

フラックスを塗ります。
131217_120644

出先での修理の場合、ガストーチでハンダを熔かします。
131217_121233

ハンダが、しっかり回ったら、ハンダ処理をした所でカットし、フラックスの酸を水で流した後、適宜、余分なハンダをヤスリで削ります。

« リムテープ切れ | トップページ | イグニッションキーアセンブリ交換 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/54290907

この記事へのトラックバック一覧です: インナーワイヤー端末処理:

« リムテープ切れ | トップページ | イグニッションキーアセンブリ交換 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング