« コースターブレーキの機能外し | トップページ | 前輪ハブダイナモ化 »

2013年9月20日 (金)

CDコンポの修理

もう随分前に買った、KENWOODのMD付きのCDコンポ(RD-HD7MD)が壊れました。
CDのトレイが出て来ません。

モーターの音はしているので、ベルト切れのようです。

KENNWOODのサポートセンターに確認をして、ベルトの型番を教えてもらいました。

近くの量販店に確認すると、取り寄せてもらえるそうです。

というところ迄の経緯がありまして、ベルトが届きました。

部品番号D16-0803-08 トレイベルトです。
130920_113247

コンポをばらします。
カバーを外し、前面と後面のカバーを外します。
130920_125648_2

基板と、コネクターを外します。
130920_120430

CD上のカバーを外します。
130920_115603

やっとCDが見えます。
130920_115150

トレイを外し、CD部を裏返します。
130920_113848_2

モーター部のカバーを外し、ベルトを掛けて、元通り組み立てます。
130920_113506_2

無事に、トレイは動くようになり、ちゃんと音もでました。

修理代金は、部品代の400円のみです。
取り寄せ頂いた、量販店様には、感謝の気持ちで一杯です。

実際には、もっと多くの手順の画像を取りました。使った道具は,No2とNo3のプラスドライバーだけです。

手順を記録して、道具さえあれば、よく見ながらばらしていけば何とか修理できるものです。

« コースターブレーキの機能外し | トップページ | 前輪ハブダイナモ化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/53327765

この記事へのトラックバック一覧です: CDコンポの修理:

« コースターブレーキの機能外し | トップページ | 前輪ハブダイナモ化 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング