« 何が出来るやら? | トップページ | チューブ刻印 »

2013年7月19日 (金)

鋼線2013/07/19

前回に続いて、また鋼線です。

130719_155846 抜いた後ですが、白いマーキングの位置に刺さっていました。

ちょっとタイヤのサイドよりで、珍しい位置です。

 

 

 

 

 

130719_155930 ちょっと長めで、さび始めています。

 

 

 

 

 

 

 

130719_155945 結構、長いです。

 

 

 

 

 

 

 

お客様と話したのですが、何で、サイドに近い位置にこんなのが刺さるのと疑問を持たれていました。

砂や小石が溜まったコーナーをバンクして走りませんでしたか?とお聞きしたら、思い当たるところがお有りのようでした。

異物そのものは、ピアノ線の硬さを持っているので、自転車ではおなじみの、ブレーキケーブルのインナーの切れ端のようなものです。

自転車だけではなく、自動車やバイクでも、使われているようなので、道路の端の砂や小石の溜まったところは、なるべく走らないでください。

« 何が出来るやら? | トップページ | チューブ刻印 »

異物パンクコレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鋼線2013/07/19:

« 何が出来るやら? | トップページ | チューブ刻印 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング