« カバー構想 | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

2013年4月19日 (金)

星屑パンク 再現テスト

過去に、2度経験した、多数のピンホールが纏まった修理不能のパンクですが、勝手に星屑パンクと名前を付けました。

当初は、メーカーによる、製造不良と決め付けてしまい、その後、パンクが、星屑パンクを引き起こしたのではないかと疑われる事例を体験し、混乱していました。

考えていてもしょうがないので、空気の入っていないタイヤで走行したら、チューブにどんな影響があるのか、確かめて見ました。

130418_143407 空気圧 1気圧で自転車にまたがった状態です。
私の体重は約60kです。

1気圧では、完全にタイヤがペチャンコにつぶれます。

家の周りを、この状態で500mぐらい走りました。

途中から、ガタンガタンと衝撃を感じるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

130418_144120 衝撃の原因はこれです。

見事に、チューブが重畳されています。

 

 

 

 

 

 

走行の結果、星屑パンクは発生しませんでした。

荷重、チューブの性能、走行条件等、総べてを試した訳ではないので、今回のテストで得られた結果は、

「空気圧が低い状態で走っても、星屑パンクを起こさない事がある。」

という事です。

チューブのメーカーのサイトではありませんが、ピンホールの原因を製造レベルで記載されている記事を見つけたので、紹介しておきます。
ピンホールの主たる原因とその対策

【関連記事】

メーカー・商社へのお願い

チューブ成形不良?

28インチ車 チューブ交換

« カバー構想 | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/51291575

この記事へのトラックバック一覧です: 星屑パンク 再現テスト:

« カバー構想 | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング