« 引出し部材カット-4 | トップページ | 引出し部材カット-5 »

2013年4月 5日 (金)

メーカー・商社へのお願い

画鋲が刺さったパンクとの事で、お伺いしました。

パンクした自転車を押して歩かれたか、空気圧が低いまま乗られたのだと思います。

チューブが畳まれた状態にはなっていましたが、明確に擦れによるチューブの損傷はありませんでした。

画鋲によると思われるパンクが、水調べで見つかり、パッチを当てましたが、別なパンクもあるようで、空気が貯まりません。

130405_100046 130405_100103_2 こんな、エアー漏れは初めてです。

130405_100312 マーキングした範囲で、数え切れない漏れがあります。

なるべく、チューブ交換をしない方針の当店ですが、さすがに、これは使えないと判断しました。

独断ですが、元々、チューブの製造時に、ゴム内に気泡が混入し、チューブに強度のない部分があり、チューブが伸ばされた事によって、その部分にパンクを生じたものです。

 

 自転車メーカーの皆さま、輸入商社の皆さまへお願いです。
安い自転車を作るのも、輸入するのも結構ですが、せめて、最低限の製造技術と検査技術を持ったメーカーの部品を使って下さい。

まだ、購入されて半年も経っていない自転車でこんな状態では、販売店も含め、皆様の信用を損なう結果になるだけだと思います。

« 引出し部材カット-4 | トップページ | 引出し部材カット-5 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/51105309

この記事へのトラックバック一覧です: メーカー・商社へのお願い:

« 引出し部材カット-4 | トップページ | 引出し部材カット-5 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)関連記事

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング