« 引出し部材カット-1 | トップページ | 引出し部材カット-2 »

2013年3月29日 (金)

擦れパンク修理

リピータのお客様から、パンク修理のご依頼です。

130329_100551 典型的な擦れパンクです。

マーキングした場所からエアーが漏れています。

 

 

 

 

 

130329_100609 擦れパンクの場合、パンク個所以外も、チューブが薄くなってパンクが再発する事があります。

今回は、マーキングより左の溝が深いです。

 

 

 

 

 

130329_100857 擦れパンクの場合は、通常のパッチではなく、パッチシートから切り出します。

 

 

 

 

 

 

130329_170030 深いえぐれ部分を、覆う形で次のパンクを予防します。

今日は、リングジャパンさんに教えて頂いた、ゴムノリをライターで燃やす方法でパッチを貼りました。

しっかりくっついています。

 

 

 

« 引出し部材カット-1 | トップページ | 引出し部材カット-2 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

ライター結構着きがよくなりますよね!
修行時代は、数人で引っ切り無しにパンク修理をやって居た為
ドライヤーではおっつかない状態でした
その頃ライターで炙る技を伝授しましたが
お客様の前でやって居ると
結構嫌な目で見られる為、現在はドライヤーを使いますが
正直、ライターで炙った方が着きが良いです!
ただ一点気を付けた方がいいのは
擦れパンクの時、空気を入れて炙ると
他の薄い部分に亀裂が入り破裂する事が有りますので注意してみてください。

今回は、空気を入れていなかったので、破裂はしませんでした。
でも、破裂させて、処置をした方が、安心は出来ますね。

火遊びが好きなので、ライターの方が、面白いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/51009578

この記事へのトラックバック一覧です: 擦れパンク修理:

« 引出し部材カット-1 | トップページ | 引出し部材カット-2 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング