« フライス盤据付 | トップページ | 道路行政? »

2013年1月23日 (水)

パンク再修理(原因不明)

先日、パンク修理でお伺いしたお客様から、「修理した当日、通勤の帰りには空気が抜けていた」との事で、再修理の依頼がありました。

虫ゴムの不良でパンクではなかったのですが、バルブを交換して水調べをした結果で、パンクなしと判断した物でした。

パンク個所の見落としを疑って、後輪を外し、チューブを取り出して水調べを再度行いましたが、やはり空気漏れはありませんでした。

バルブ根元のパンクもバルブを動かして確認していましたので、再度の確認でも異常はありませんでした。

可能性としては、バルブコアの取付・締め付け不良ぐらいしか、修理としては思いつくものがなく、お客様には、再度の点検結果とバルブコアの取付・締め付け不良だったかもしれませんとご報告し、お詫びをしてきました。

思い返すと、チューブを取り出すために、コアを外す際、緩んではいませんでしたし、わずかですが、残っていた空気が漏れる音がしましたので、帰り道でも、見落としがなかったか、考えていました。

以前のパンク再修理を思い出し、もう一度、お伺いして、バルブ内部の清掃をさせて頂きました。

当店の交換用バルブは、スーパーバルブなのですが、清掃時に再確認しても、異物によると思われる、ゴムの変形は在りませんでしたし、水調べ時に、バルブ部からのエアー漏れはしっかりチェックしています。

結局、今回の再修理は、原因不明のままです。

しばらくは、気持のすっきりしない日が続きそうです。

【2014.10.13追記】
2014.10.13のブログのとおり、スペシャルGバルブの今後の使用は断念しました。

« フライス盤据付 | トップページ | 道路行政? »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/48913130

この記事へのトラックバック一覧です: パンク再修理(原因不明):

« フライス盤据付 | トップページ | 道路行政? »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング