« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の42件の記事

2013年1月31日 (木)

風邪?インフルエンザ?

昨夜、食べた物を戻してしまい、今朝は、鼻水と軽い悪寒がありました。

いつもの風邪の症状とはちょっと違う気がしたので、朝からマスクの着用中です。
家内には、なるべく、近くにいないように話をし、念の為、今日お伺いする予定の急ぎでない修理は、来週に延ばさせて戴きました。
今も、念の為、マスクは着用中ですが、思ったほど悪寒はひどくならず、食欲もあります。
発熱もない為、インフルエンザではないのかも知れません。
取敢えず、おとなしくはしていますが、明日、熱が高くなければ、大丈夫そうです。

2013年1月30日 (水)

ブレーキシュー交換

自転車を購入されて、半年ぐらいだそうですが、月に1,000K以上走られるそうです。

前輪は、レバーを引いてもブレーキが効かないそうです。

130130_182715 Vブレーキの後輪シューです。溝が無くなり、内部の金属が見えています。

ここまで来ると、リムにもダメージがありましたが、まだ溝は浅く、リムは使用可能と判断しました。

 

 

 

 

130130_182805 横から見ると、シューの減り方に差があるのが判ります。

片側は、シューが、リムから少し外れて取り付けられていました。

シューを交換し、トーインを付けて固定し、ワイヤーの張りを調整して、後輪は終了です。

 

 

 

前輪側は、まだシューの溝が残っていたので、ワイヤーのみ調整しました。

2013年1月29日 (火)

遠くて、無理でした。

「パンクしたんですが、修理にきてもらえますか?」

「場所はどちらですか」

「***の交差点の近くです。」

との事で、川越市の地図を開きました。「近くに目印になる建物はありますか?」

「日枝神社があります」との事で、探しましたが、見つかりません。

「どちらから、来られましたか?」

「***からです。」でようやく川越の市内ではない事が判りました。

「すみません、こちらは川越市なので、一寸お伺いすることが出来ません。」とお断りし、取り急ぎ、自転車出張修理店を2件ご紹介させて戴きました。

「こちらで、無理なら、別なお店を探しますから、もう一度ご連絡下さい。」とお伝えしましたが、その後の、ご連絡はないので、多分大丈夫だったのだと思います。

自転車出張修理に地名を加えて検索すると、大きな街だと、自転車出張修理店が検索に掛かると思います。お試しください。

2013年1月28日 (月)

夜間の修理

今、修理から帰ってきました。

残念なことに、お客様のお住まいにたどり着けませんでした。

一応、地図で、ルート検索し、プリントアウトして持って出たのですが、気持が焦っていたのか、お客様のお住まいの近くの目印を確認できませんでした。

夜だと、地図の確認もしにくく、目印の建物を見つけにくいです。

多少、お伺いするのに、時間が掛かっても、しっかり周りの地図を頭に入れて置かなければと反省しています。

今回は、お客様が、近くのスーパーまで、自転車を運んできてくださり、スーパーの灯りの下での修理となりました。

2013年1月27日 (日)

チェーン交換?スプロケット交換?BB交換?結果報告

「漕ぎだし時に、チェーンがカクッとなる。様子を見て欲しい。」とのご依頼で、今日お伺いしました。

結果としては、フリーのラチェットの遊び分のチェーンの遊びを気にされてのご依頼でした。

ゆっくりと自転車を漕がれるので、余計気になられたようです。

お伺いする都度、各部のグリスアップを少しづつさせて頂いており、後輪ハブのグリスアップで、動きが良くなった結果なのですが、お客さまにとっては、今までと違和感を感じる結果となってしまいました。

自転車屋の常識にとらわれず、お客様が違和感を感じるかもしれないところの、ご説明が不足していました。

これからも、経験を重ねて、お客様にあったご説明の出来る自転車屋を目指します。

折角のご訪問でしたので、B.B.周りの点検をさせて頂きました。
グリスが完全に切れており、赤さびがリテーナーに着いている状態でしたが、チェーンリング側のクランク止めネジが固着して外せず、チェーンリング側はスプレーグリスでの対応をさせて頂きました。

ネジの緩め剤を吹いておきましたので、次回ご訪問時には、チェーンリング側もグリスアップする予定です。

2013年1月26日 (土)

チェーン交換?スプロケット交換?BB交換?

以前から時々、修理にお伺いしているお客様ですが、「漕ぎだし時に、チェーンがカクッとなる。様子を見て欲しい。」とのご依頼で、明日お伺いします。

最近ですが、後輪を外して、修理しましたので、チェーンの張りは、問題がないはずです。

かなり、古い自転車ですので、チェーンの伸びを疑っていますが、ご高齢のお客様ですので、
それ程、チェーンに負荷を掛けられてはいません。

クランク周りは、今までに、チェックをした事がないので、まずB.B.周りからチェックをしますが、念の為、チェーン、スプロケット、後輪ハブ等持ってお伺いします。

話相手が欲しくて、声を掛けて頂いたのら、幸せなのですが、一寸手こずりそうな予感がしています。

2013年1月25日 (金)

青色申告準備

仕事を始めて、2回目の青色申告の作業中です。

Access(マイクロソフト アクセス)を使って業務管理をしていますので、すんなりいけば、ボタンを押して、現金と、預金の残高だけを入力すれば、お終いのはずなのですが、
不具合を修正したり、機能の追加を繰り返していたりで、まだまだ未完成の為、データーのチェック、特に、部品在庫のプログラム修正とチェックに追われています。

修正作業中にデータを破損した事が分かり、ようやくデータを修復しました。

去年はなかった、試験的使用の部品や、修理ミスで請求できなかった部品、破損した部品等があり、未記入データとなっているため、時間がいくらでも欲しいです。

在庫品の管理は、追加する機能がようやく明確になり、在庫データも、ほぼ正確になったのですが、まだ完全ではなく、今から、申告時期に間に合うのか、一寸心配しています。

2013年1月24日 (木)

架台上での組立

先日、架台の天板を貼り、フライス盤の台座を架台に乗せました。

今日は、ヘッド部とモーターの取付です。

ヘッド部を取り付ける前に、台座の裏を確認しました。

130124_145849 台座の裏です。

気になっていたのは、フライス盤固定ネジの穴ですが、台座の厚み分の穴ではなく、板に穴が開いているだけでした。

架台との固定が少し心配ですが、フライス盤上での作業しかしないので、大丈夫なのでしょう。

更に、気になるのが、ヘッド上下の為のラックギヤです。固定が、上部のネジ2本だけで、下側は固定されていません。

ラックギヤの移動部の遊びもかなりありますので、ヘッドを上下するたびに、刃物のセンターが左右に振れそうです。

クロステーブルのネジも本体価格からすれば当然ですが、角ネジです。

130124_150840_2 ヘッド内部に、電球用のソケットがありました。

嬉しい配慮ですが、電源が200Vの為、200V用の電球しか使えません。

 

 

 

 

 

130124_150858_2 モーターの前後移動機構です。

カム板で、シャフトを前後に動かしています。

 

 

 

 

 

 

130124_160313 四苦八苦しながらですが、なんとか、手作業でヘッドの乗せと、モーターの取り付けが出来ました。

手が借りられるなら、男性二人いれば、作業がやりやすいと思います。

まだ、架台への固定はしていませんし、レベル出しも終わっていません。

何より、電源が来ていませんし、刃物も購入していないので、加工のお披露目はまだまだ先の話です。

屋外設置なので、雨除け、ほこりよけの対策が先かもしれません。

当分はビニールカバーでしのぎますが、ようやく、フライス盤を買った実感が湧いてきました。

 

道路行政?

あまり、趣味ではないのですが、私の言いたい事を、簡潔に代弁してくれている記事を見つけましたので、紹介します。

日経ビジネスの

「自転車は歩道を走るもの」という誤解をなくしたい

自転車活用推進研究会・小林成基理事長に聞く」

という記事です。

クルマ脳からの脱却、超高齢化社会に向けて人が歩ける街づくりを目指す記事です。

2013年1月23日 (水)

パンク再修理(原因不明)

先日、パンク修理でお伺いしたお客様から、「修理した当日、通勤の帰りには空気が抜けていた」との事で、再修理の依頼がありました。

虫ゴムの不良でパンクではなかったのですが、バルブを交換して水調べをした結果で、パンクなしと判断した物でした。

パンク個所の見落としを疑って、後輪を外し、チューブを取り出して水調べを再度行いましたが、やはり空気漏れはありませんでした。

バルブ根元のパンクもバルブを動かして確認していましたので、再度の確認でも異常はありませんでした。

可能性としては、バルブコアの取付・締め付け不良ぐらいしか、修理としては思いつくものがなく、お客様には、再度の点検結果とバルブコアの取付・締め付け不良だったかもしれませんとご報告し、お詫びをしてきました。

思い返すと、チューブを取り出すために、コアを外す際、緩んではいませんでしたし、わずかですが、残っていた空気が漏れる音がしましたので、帰り道でも、見落としがなかったか、考えていました。

以前のパンク再修理を思い出し、もう一度、お伺いして、バルブ内部の清掃をさせて頂きました。

当店の交換用バルブは、スーパーバルブなのですが、清掃時に再確認しても、異物によると思われる、ゴムの変形は在りませんでしたし、水調べ時に、バルブ部からのエアー漏れはしっかりチェックしています。

結局、今回の再修理は、原因不明のままです。

しばらくは、気持のすっきりしない日が続きそうです。

【2014.10.13追記】
2014.10.13のブログのとおり、スペシャルGバルブの今後の使用は断念しました。

2013年1月22日 (火)

フライス盤据付

先日のブログで、支柱の剛性強化対策をすると書きましたが、しばらく先延ばしします。

支柱がパイプなのですが、砂を入れるためには、当然蓋が必要です。
砂に、ある程度圧力も掛けたいので、まず、底と蓋を作るために、フライス盤を設置することが先でした。
今日は、架台の天板を貼り、フライス盤の台座を乗せました。
次回は、ヘッド部を乗せ、モーターを取り付けします。

2013年1月21日 (月)

フライス盤分解(移動)

今夜からの天気の崩れに備えて、フライス盤を屋根の下に移動しました。

前回の雪の際は、自転車用のカバーを掛けて、庭に置きっぱなしの箱入りフライス盤を雪から守りましたが、縫い目から雨が侵入していました。

架台もそれなりの形になってきましたので、架台に乗せる準備もあります。

130121_161826 まず、モーターを外してみます。モーター左のオレンジのレバーをこちら側と、裏側の2本を緩めると、隣のハンドルでモーターが前後に移動し、ベルトを緩める事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

130121_162013_2 緩みました。

 

 

 

 

 

 

 

130121_162336 外れました。

 

 

 

 

 

 

 

130121_162443モーター電源の端子カバーです。

 

 

 

 

 

 

 

130121_162346結線を外します。

 

 

 

 

 

 

 

130121_163045  一応、合わせの目印を付けます。

 

 

 

 

 

 

 

130121_165112 ネジを4本外すと、モーターが外れます。

それなりの重さがあるので、モーターを落とさないよう、支えながら、外します。

モーターが外れました。

モーター取り付け部のそばにあるハンドルで、ヘッドと支柱の固定が緩みます。 

 

 

 

 

130121_165127 ヘッド部を外しました。

残念でしたが、支柱はあまり肉厚のないパイプでした。

組み立てる時に、砂か、セメントを入れて剛性を稼ぐことにします。

ヘッドが外れると、クロステーブルが付いたままでも、なんとか一人で運ぶ事が出来ました。

ヘッドを乗せる時は、かなり高くなるので、一工夫しなければいけないようです。

2013年1月20日 (日)

ワイヤーブラシ

出張修理と自転車の整備に使っているワイヤーブラシがこんなに成りました。

130120_164658 正面からです。

 

 

 

 

 

 

 

130120_164713 側面ですが、こちらの方が、消耗具合が良く分かります。

まだ、錆び落としの役には立つのでお役御免にはしませんが、今までよく頑張ってくれました。 

 

 

 

 

 

130120_164743 シマホで見つけた、10本セットの真鍮ワイヤーブラシです。

耐久性は?です。

 

 

 

 

 

 

130120_164812 3行と1行の並びになっていて、スプロケット周り、レバー周りなど細かいところの錆び取りがしやすそうです。

 

 

 

 

 

 

130120_164834 ついでに、研磨剤なしの、ナイロンたわしがあったので、お掃除用に買ってきました。

2013年1月19日 (土)

フライス盤クロステーブルハンドル破損 その後-4

本日、破損したハンドルの代替え品が到着しました。

破損は2個だったのですが、届いたのは1個でした。

とはいえ、代行会社としては、精一杯対応してくれたものと思いますし、実は、ハンドルについては、使いにくそうなので、別なハンドルに交換する事を検討しています。

という事で、ハンドルの破損については、これで終了とします。

整備中の自転車も完了しましたし、架台を完成させ、電源を曳いて、設置作業に入ります。

自転車整備(ジオクロス)完成

整備中のジオクロス完成しました。

130119_165405 夕方の撮影で光量が足りず、技術も足りず、ちょっと、ぼけて、ブレています。

前かごを外し、サドルも下げたので、整備前とは雰囲気が変わっています。

 

 

 

 

 

130112_115738 こちらが、整備前です。

 

 

 

 

 

 

 

130119_171818 ギヤ周りも錆びはなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

130119_165441 シート周りです。

 

 

 

 

 

 

 

130119_165427 ハンドル周りです。

 

 

 

 

 

 

 

整備前は、ちょっと鈍重な乗り味だったのですが、前かごを外した所為か、グリスアップで回転が軽くなったのか、調整の成果なのか?割ときびきび走ってくれるようになりました。

しばらく、屋外に放置し、防錆剤の効果を確認し、どうしても、錆びが出るところは、クリアラッカーで再度の防錆処理をします。

2013年1月18日 (金)

自転車整備(ジオクロス)忘れ物

概ね、組み上げたのですが、チェーンの洗浄を忘れていました。

ビニール袋にチェーンとパーツ洗浄剤をぶち込んで、一晩放置します。

2013年1月17日 (木)

自転車整備(ジオクロス)完成まであと少し

整備中のジオクロスですが、もう一息で完成です。

残っている作業は、へダルのグリスアップと、スタンドの錆び落とし、組立・調整というところです。

今の流れで行くと、家内の自転車になりそうです。
中古品は、あまり好きな人ではないのですが、
程度が良かったのか、
整備過程を見て乗る気になったのか、
家計が苦しくなったのか、
よくは分かりませんが、乗ろうかなと言ってくれています。

乗ってくれる人がいれば、整備をした甲斐があったというもので、明日には、完成させるつもりです。

作業としては、
各部の錆び落とし(残りはスタンド)
防錆材塗布(残りはスタンド)
回転部グリスアップ(残りは、へダル)
前後輪、タイヤローテーション
フレームワックス掛け
シフトアウターワイヤー交換
組立・調整(未着手)
といった処で、もう目新しい作業は残っていません。

ちょっと遅いお年玉

今日、バンドブレーキからメタルリンクブレーキに交換したお客様から、郵便が届きました。

開けて見ると、礼状とお年玉袋が2枚入っていました。

中身が入っていたかどうかは、想像にお任せします。

先ほど、「人に生かされて仕事をしている。」と泣き出しそうになりましたが、お電話でお礼を申し上げました。

自転車の出張修理を仕事に選んで、本当に良かったです。

2013年1月16日 (水)

無題

今日は免許の更新に行ってきました。

五年もの間の事なので、自分には記憶がないのですが、違反者講習の2時間コースです。
めぼしい収穫は、自転車一方通行の標識と「小二輪」の区分を知ったことぐらいでしょうか。
期待したほど、自転車の通行ルールの説明はありませんでした。
眠かったです。
ついでにしてきた献血の方が意義があったかな?

2013年1月15日 (火)

自転車整備(ジオクロス)タイヤ洗浄

今日は、皆さんも同じだと思いますが、雪かきで疲れてしまいました。

今も、ちょっと眠いです。

頂き物のジオクロスですが、折角のアメサイド色のツートンなので、タイヤを洗浄しました。

洗剤はハンドソープ、弱酸性が良いのか、洗浄力が強いのか、ゴム、プラスチック系の洗浄には、一番だと思っています。

130115_154146 手前が洗浄済み、乾燥中です。
洗浄前は、奥のタイヤと同等の汚れがありました。

すぐに、汚れてしまうのですが、取敢えず、きれいにしてやりたいです。

タイヤを外したホイールは、ニップル、スポーク、ハブのネジ等に、防錆剤の塗布をしました。

2013年1月14日 (月)

フライス盤クロステーブルハンドル破損 その後-3

中国は、今日はお休みの日ではないんですね!

代行業者(所在は中国)から、

「不具合の件ですが出品者と再度交渉して25元をかかって、再送可能です。この料金は弊社負担で弊社に到着後またご連絡致します。」

とメールが戻ってきました。

前回のメールを受けて、運送業者さんと話し合いをするつもりでいたのですが、ちょっと拍子抜けです。

2013年1月13日 (日)

いい気になり過ぎ!パンク再修理

先日、自画自賛したばかりの自転車の再修理にお伺いしました。

130113_103412 先日見つけた異物と同質です。

 

 

 

 

 

 

 

130113_102705_2 発生場所も、先日の修理と10cmしか放れていませんでした 。

異物を見つけて、有頂天になって、複数の異物を拾っているところまで、考えが及ばず、見落としたものです。

申し訳ありませんでした。

今回は、タイヤを外して裏返し、全周チェックしましたが、他の異物は確認できませんでした。

 

タイヤ裏が白っぽく見えるのは、劣化ではなく、タルク粉です。

異物によっては、複数ささっている可能性がある事を、肝に銘じ、今後の修理にあたります。

2013年1月12日 (土)

自転車整備(ジオクロス)

先日、お伺いしたお宅で、不要の自転車があるとの事で、頂いてきました。

基本的には、不要自転車の引き取りはしていないのですが、乗らずに置きっぱなしにするのが、かわいそうな程度の良い自転車だったので、引き取らせて戴きました。130112_115738

逆光で撮ったので、雰囲気しか分からないと思います。

2年間乗っていないということだったので、汚れと、若干の錆び、タイヤの劣化が見られます。

 

 

 

 

130112_115753 ヘッドパーツに錆びが浮いています。

 

 

 

 

 

 

 

130112_115806 チェーンの錆びです。

 

 

 

 

 

 

 

130112_115817 グリップに汚れが貯まっています。

 

 

 

 

 

 

 

130112_115828 シートポストの錆びです。

 

 

 

 

 

 

 

130112_115846 クランクの錆びが、一番頑固そうです。

 

 

 

 

 

 

 

130112_120429 雨に当たっていないのか、シートポストも、それほどひどい錆びではありません。

 

 

 

 

 

 

 

130112_131542 シートのバネです。

右は、錆びを落としたもの、左は錆び落とし前です。

錆び落としの基本は、CRC+ワイヤーブラシです。

以前、サンポールを使って、後処理に手こずりましたので、錆び取り剤は使いません。

 

 

 

 

130112_131551 錆びを落とした後、それ以外の部品にもマリン用防錆材6-66を使って、錆びの発生を極力抑えます。

価格と、入手のし易さから、当店の定番です。

この後、フレームにまでばらして、フレームの清掃、ワックス掛けをして、組み上げます。

2年放置ですので、回転部は、全てグリスの交換をします。

フライス盤クロステーブルハンドル破損 その後-2

先ほど、代行会社さんから、返事が戻りました。

「出品者と連絡しましたがその部品は在庫がありませんので再送できません。
輸送中の破損についてはお手数ですが、日本側のお近くの郵便局へ補償等についてご連絡いただくようにお願いしておりますので、
大変お手数ではございますが郵便局へご交渉のほどよろしくお願い致します。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解ご了承のほどよろしくお願い致します。」

郵便局経由ではなかったので、着荷伝票を添付し、交渉先を再確認中です。

破損については、輸送事故としての対応となるようです。

一番安い出品者を選択した事の、つけが出てきました。

フライス盤クロステーブルハンドル破損 その後

フライス盤開梱でクロステーブルハンドル破損の記事を書きましたが、今日現在、代行会社からの連絡がありません。

現状を確認したい旨、メールを送りました。

「弊社と直接関係のないトラブルに関しましては弊社では責任を負いかねます。
   例)輸送中の破損や紛失等、輸送中のトラブル」

とのメールは、見積時に頂いているのですが、私の語学力では、輸送会社との折衝はままなりません。

なんとか、代行会社さんが、交渉をしてくれていると、祈っています。

2013年1月11日 (金)

バンドブレーキの効きを落とす(完了)

まず御礼を申し上げます。

sniperさん、アドバイスありがとうございました。

メタルリンクブレーキに変更し、お客様に、ブレーキの遊びを確認して頂きながら、ワイヤーの調整をして、満足いただけました。

いつか、サーボブレーキも試してみます。

ダイヤコンペのメタルリンクブレーキです。
Diacompe_mlb501

「ブレーキレバーを引いても、急ブレーキにならず、じわっと止まってくれて、しっかりレバーを引けば、しっかり止まってくれる。
これなら、扱いやすい」とおっしゃって頂けました。

音鳴りもしませんし、バンドブレーキに比べれば、ブレーキの効きもコントロールしやすいです。 

体重の軽い方、ホイールベースの短い小径車には、お勧めだと思います。

2013年1月10日 (木)

バンドブレーキの効きを落とす

ブレーキ(ワイヤー)不良?でブレーキワイヤーを交換し、ブレーキの効き不良を解決したお客様から、ブレーキが効き過ぎるので、効きを弱めて欲しいとのご依頼がありました。

明日、お伺いするのですが、どうしようか?悩んでいます。

バンドブレーキなので、基本的には、効きをコントロールすることが出来ないと思っています。

1.ブレーキレバーの遊び調整

2.ブレーキライニングの表面研磨

3.メタルリンクブレーキへの交換

の3案を持って、訪問します。

2.5案として、ライニングへの溝切も考えています。

どなたか、バンドブレーキの効きをコントロールする方法をご存知でしたら、お教え下さい。

【2014.09.16追記】
3のメタルリンクブレーキへの交換で対処は完了しています。

この記事を書いた時点では、まだ出来なかった事ですが、音鳴きの対処で効きのコントロールも出来るようになりました。

2013年1月 9日 (水)

事故車修理見積(その後)

事故にあった、電動MTBですが、やはり納期が掛かり過ぎるとの事で、買い替えられることになりました。

代わりに、廃棄する電動MTBを処分させて戴くことになりました。

本来、廃棄証明を出すべきなのでしょうが、そこまでは求められていないようです。

処分の前に、徹底的にばらして、電動自転車の整備の知識を蓄えたいと思っています。

異物発見(自画自賛)

パンク修理でお伺いしました。パンク個所は、すぐ発見でき、パッチ貼りも順調に終わりました。

パンクの原因が異物によるもののようでした。

以前のブログでも書いたように、パンク修理時に、バルブ位置で、タイヤへのマーキングをしています。

130109_160959_2 パンク個所と、タイヤの位置合わせをすると、ありました。

黄色の丸の中に、金属の頭が見えます。

 

 

 

 

 

 

130109_161055 取り出してみると、細い鋼線でした。

タイヤ内部には、ほんのわずか、出ているだけでした。

マーキングして、目星を付けて調べたので、入念に調べる事が出来たと、自画自賛しています。

嬉しくて、お客様にも、見て頂きました。

フライス盤架台 骨組

久しぶりに時間が取れました。フライス盤架台の骨組みを完成させます。

130109_153808 200mmの木ネジです。

 

 

 

 

 

 

 

130109_104623 普通のドライバーでは捻じ込めず、ソケットレンチのハンドルを使って捻じ込みました。

ドライバービットが斜めになって、時々、ネジの頭から外れます。

ネジの頭を舐めてしまうかと心配したのですが、ネジの頭の方が丈夫です。

 

 

 

 

130109_104644 ドライバービットの方が、削れて痩せてしまいました。

長いネジなのに、ねじれも曲がりもせず、入っていきます。

最近のネジの丈夫さに脱帽です。

 

 

 

 

130109_105036 一応、形になった、架台の骨組みです。

体重を掛けても、びくともしないので、これなら、フライス盤を乗せても大丈夫でしょう。

奥に見える、黒い帯は、自転車のチューブです。

これだけの長さを挟めるバイスを持っていないので、中央の横木と、チューブで、固定しました。

この後、チューブはカットして、取り除きます。

後は、天板を乗せて、固定すれば、一応、フライス盤架台としての用は足りますが、架台下の空きスペースの有効活用を検討します。

2013年1月 8日 (火)

無償修理(バルブ根元パンク)

車椅子のパンク修理の依頼がありました。

ご依頼時に「バルブの根元なんですが」と説明があり、バルブ根元パンクの試しができると、喜んで出かけました。

予定では、バルブ毎交換の予定だったのですが、残念なことに、シュレッダーバルブ(米式)でした。

穴開けパッチで対処し、お客様には、試験中の修理方法ですと説明し、無償修理とさせて頂きました。

5気圧の空気を入れて、バルブを前後左右に振りましたが、空気の漏れはなく、一応は修理成功と、判断しました。

駄目でした。2時間後に、空気が漏れましたと連絡がありました。

英式バルブに交換をさせて頂きました。
駄目になった、シュレッダーバルブを取り去り、バルブ部分を切り出した、チューブを貼り付けましたが、チューブ同士では接着強度が出ません。切り出したチューブの全周を押えるように、パッチを6枚貼って、ようやく、エアー漏れが止まりました。

疲れました。
でも、諦めたくありません。

ゴム同士、ゴム、真鍮を接着できる接着剤を探します。

2013年1月 7日 (月)

事故車修理見積

車にぶつけられたそうです。電動アシストのMTB車です。

お近くの自転車店では、心良く受けてもらえないとの事で、お伺いしてきました。

一時停止していた車の前を横切った際、車が、自転車に気づかず発進し、自転車の後部と車の前部が当たり、転倒されたとの事で、ご自身は擦りキズ程度で済んだそうです。

自転車の不調に気づかれたのは、掛け直しても、チェーンリング側で、すぐにチェーンが外れてしまったからとの事です。

130107_132558_2_2  確認すると、右のペダルに破損がありました。

 

 

 

 

 

 

 

130107_140613 右のブレーキレバーと、グリップにも転倒時のものと思える新しい傷がありました。

 

 

 

 

 

 

 

130107_140549 本命の、チェーンの外れですが、チェーンを掛け直して、クランクを回すと、チェーンが歯に乗り上げます。

チェーンリングが、チェーンと平行になっていません。

 

 

 

 

 

130107_134421_2_2 リアスプロケットの4段目にチェーンを掛けて、確認しましたが、明らかに逆くの字にチェーンが曲がっています。

転倒時に、アシストモータの取付金具が曲がってしまったと思われます。

 

 

 

 

 

メーカーに確認をしたところ、「フレームを部品として供給できます。但し、納期に1~2ヶ月掛かります」とのご返事でした。

我が家は、修理専門で、当然、メーカーに販売店登録はされていません。門前払いも覚悟しての、問い合わせだったのですが、嬉しい回答でした。

保険会社には、納期の連絡をし、被害者の方が納得されれば、修理可能ですと伝え、フレーム、ブレーキレバー、グリップ、ペダル、念の為、クランク交換の見積を出しました。

後は、保険会社からの連絡待ちです。(まず、被害者の方が、こんなに時間が掛かっては、納得されないと思っています。)

事故車を見るのは、被害者の方には、申し訳ないですが、自分の知識レベルが測れて凄く勉強になります。

2013年1月 6日 (日)

遊休工具の貸出

昨日から、ちゃんぺいさんが、訪問され、ご自分のロードのハンドル周りの改造をされました。

詳しくは、ちゃんぺいさんのブログをご覧いただくとして、

使った工具をまとめておきます。

【ブルホーンハンドルの先端カット】

材質を見誤り、カーボンなのに、パイプカッターをお渡ししてしまいました。

本来は、ソーガイドと金のこをお渡しすべきでした。

やすりで、切り口を仕上げるのは、やすりが行方不明となり、ちゃんぺいさんが、ご自宅の工具で仕上げられることになりました。

【バーエンドコントロール移設】

5mm六角レンチとケーブルカッター、ブレーキケーブルライナー、インナーケーブルプライヤー、#00マイナスドライバー

コントロールレバーを外さないと、バーエンドコントロールが外れない構造だったのと、取り付け方に興味があり、触らせて戴きましたが、分解後、元に戻せなくなり、シマノの展開図を引っ張り出して、再組み立てをする事態を招きました。

更に、ケーブルがフレーム内蔵だったのですが、アウターケーブルが繋がっていると読みを誤り、ケーブルが通らなくなる失態、
更には、インナーケーブルを通す際に、ワイヤーがバラけてしまう事態を招きました。

ちゃんぺいさんのブログには、いろいろあってと書かれていますが、これが真相です。

申し訳ありませんでした。

でも、おかげで、内蔵インナーワイヤーの交換手順は、確立出来ました。

【ブレーキレバーの取付位置変更】

4mm六角レンチとケーブルカッター、ブレーキケーブルライナー、インナーケーブルプライヤー

【リヤホイール振れ取り】

振れ取り台と、ニップル廻し(赤)

【全体】

ワークスタンド、パーツトレイ

【番外】

ブレーキシューの左右間隔のバランスがずれていたので、#2プラスドライバーで調整

手こずった部分があったので、いろいろ工具を引っ張り出した気がしましたが、実際に必要だったのはこのぐらいです。

ついでの初詣

昨年に続いて、今年も、猫の写真を撮りがてらの初詣でした。

去年に比べると、猫の数が減っていました。

130103_160619_2 一番、美人だと思った猫です。

 

 

 

 

 

 

 

130103_142733 一番、猫が多く写った画像です。

昨年に比べると、数が減ったようです。

2013年1月 5日 (土)

自分でパンクを直したい!

今日は、凄く気分のいい修理をさせて頂きました。

修理にお伺いすると、お母さんが「息子が自分で修理できるようになりたいと言っているんです。見学させてもらっていいですか?」
との事で、二つ返事で、了解しました。

タイヤ外しと、チューブ入れを手伝って頂き、パンク個所の古いゴム被膜をしっかりとること、
ゴム糊が乾いてから、パッチを貼る事、貼った後、パッチをしっかり押さえる事をお伝えして来ました。

リム噛みを起こさないチューブの入れ方については、ちょっと説明が不十分だったかと反省していますが、リムラインの確認については、しっかりお伝えして来ました。

将来がすごく楽しみです。

今日はありがとうございました。

2013年1月 4日 (金)

フライス盤架台 脚

130104_123140 昨日、パテのアンカー用の穴を開けましたが、

こんな風にパテを盛ります。

 

 

 

 

  

130104_123124

梁の端面にもパテを盛って、200mmの木ネジで、接合します。

 

 

 

 

 

 

長手の梁を接合すれば、骨組みは完成ですが、200mmの木ネジを締めるのに、インパクトドライバーを持っていませんので、疲れてしまいました。

後は、又明日。

前輪ハブ グリス切れ

タイヤ、チューブ交換の修理にお伺いした際には、車輪の回転チェックも行っていますが、

前輪の中心にある、ハブ(スポークが集まっている部品)のベアリングのグリスが切れている事が殆どです。

大した手間と、費用ではないので、同時にサービスでグリスアップ、玉当たりの調整をさせて頂いています。

後輪のハブについては、あまり、グリス切れに遭遇したことはありません。

前輪のハブの方が、雨に当たり易いのだと思います。

スプレーグリスで十分だと思いますので、たまには、前輪のハブに注油をしてやってください。

自転車の寿命が少しは伸びると思います。

2013年1月 3日 (木)

フライス架台 接合部

フライス盤用の架台を作り始めました。

廃材の柱を鋸で切っただけの架台の部材です。

ホゾ切りをする道具はありますが、技術がありません。

ダボ接合の道具はありません。

手持ちの道具を使って、こんな、接合をして見ます。

130103_160721 足の上部にドリルで適当に穴を開けます。

 

 

 

 

 

 

 

130103_160729 梁になる部分にも、適当に穴を開けます。

位置合わせは、していません。

 

 

 

 

 

 

接合面に木工パテを厚めに塗り、穴にパテを充填します。

パテが硬化して、ダボ代わりになる予定です。

面が出ていないからこそ出来る、いいかげん接合です。

2013年1月 2日 (水)

火鉢とお餅

130102_173558 今年のお正月は、火鉢で、お餅を焼いています。

コロコロと転がすのが忙しいですが、焼きあがりは、外はパリッと、中はふっくら、おいしいです。

小さいころ食べた、お餅の味を思い出しています。

外側にいるのは、雑煮用の小餅、四角いのは海苔餅です。

フライス盤架台

130102_153410フライス盤架台の材料をカットしました。

高さ:85cm

奥行き:65cm

幅:75cm

屋外のベランダに置きます。

まだ、組み立てはしていません。

ここまでは、材料費0円です。 

 

廃材の柱をカットしただけなので、接合部の面がしっかり出ていませんが、木工用のパテを使って、面出しをするつもりです。

2013年1月 1日 (火)

フライス盤開梱

今日は、暖かかったので、しばらく放置していたフライス盤を開梱してみました。

ちょっとショックな状況です。130101_150102

これは、正常なスライドテーブルの移動ハンドル。

 

 

 

 

 

 

130101_150050 Y軸のスライドハンドル。

破損しています。

 

 

 

 

 

 

130101_145941 X軸のもう一方です。

こちらも破損しています。

 

 

 

 

 

 

代行会社に連絡は入れましたが、どんな答えが返ってくるでしょうか?

新年明けましておめでとうございます。

2013nenga 60歳を過ぎて、新年を迎える事のありがたさを感じ始めています。

昨年、お世話になったお客様、ブログの読者の皆さま、皆様にとっても、今年が良い年でありますように!

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング