« 作業台用廃材の入手 | トップページ | タイヤ不良(新品バースト) »

2012年12月19日 (水)

通学用自転車

スポーク折れで、高校の駐輪場までお伺いしました。

フランジの穴が、通し穴ではなく、引掛け穴だったこと、リムがステンレスで、変形してなかったことから、交換はすぐ終り、振れ取りもすぐ終わりました。

B.B.軸が、左右に、ガタついていましたので、確認したところ、

121219_110205_2 ご覧の通り、リテーナが破損していました。

所有者は、毎日、往復15k近く走る男子高校生です。

元々、左ワンのロックリングの締めが甘いのか、男子高校生の所有の自転車では、B.B.シャフトのガタつきを時々見かけます。

その時は、大抵、チェーンリング側のリテーナーが破損しています。

リテーナを交換し、まだ一年生との事でしたので、グリスをたっぷり入れておきました。

さほど、費用の掛かる修理ではありませんので、漕いでいて、変な音がするようなら、一声お掛け下さい。

« 作業台用廃材の入手 | トップページ | タイヤ不良(新品バースト) »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/48386737

この記事へのトラックバック一覧です: 通学用自転車:

« 作業台用廃材の入手 | トップページ | タイヤ不良(新品バースト) »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング