« プリンターの部品取り | トップページ | 迷い猫保護-4(最終報告) »

2012年11月 7日 (水)

クロスラインレーザーによるエンド精度測定治具 構想その1

ロードのメンテナンスでエンド測定用の簡易治具を作成しましたが、それなりに使えたので、それなりの治具を作れないか構想中です。

Photo まだ寸法は入れていませんが、厚さ15mm、直径64mmの円盤を加工して、レーザー光源、電池、スイッチを配置する構想です。

 

 

 

 

 

 

レーザー光源の前面に細い針金を張って、垂直線は、治具のみで調整できる。

光源の位置は、左右のみ+-1mmの調整が可能、位置調整と合わせて、傾き補正も可能

電池は、LRV08 12Vを使用し、収納部は市販の単5用電池ボックスを加工して作成する

スイッチは、オンオフのみのスライドスイッチとする。

治具の固定には、ガス配管用の竹の子と呼ばれる部材を使用し、光源部のテーパー部にはめて、センター出しをする。

エンド部での固定は、アクスルシャフトと、ハブ用の玉押し、スペーサーを使用する。

といった構想です。

まだ、電池収納部の電池ボックスの詳細が決まっていません。

固定用の竹の子の長さが45mmあり、玉押しを使用した場合に、フロントフォークエンドの100mm幅に収まらない可能性が大きく、玉押しの選定をしながら、竹の子をカットすることを検討中です。

スイッチと電池Boxの候補を入手したら、光源部の図面を完成させます。

もし、もっといい考えがありましたら、ぜひお教えください。

ただ、工作機械を持っていませんので、本当に完成するかは、見当が着いていません。

どなたか、作って下さいませんか?

« プリンターの部品取り | トップページ | 迷い猫保護-4(最終報告) »

エンド精度測定レーザー照準」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロスラインレーザーによるエンド精度測定治具 構想その1:

« プリンターの部品取り | トップページ | 迷い猫保護-4(最終報告) »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング