« クロスラインレーザーによるエンド精度測定治具 構想その3 | トップページ | ちょっとのんびり気分 »

2012年11月10日 (土)

B.B.リテーナー交換

パンク修理の依頼で、お伺いしました。

軽快車ですが、リムから、タイヤが外れています。

嫌な予感は当たり、タイヤコードが見えています。

お客様には、タイヤ交換必須とお伝えし、タイヤ・チューブ交換となりました。

121110_082829 改めて見てみると、タイヤに裂けがあり、チューブの同じ位置に擦れて開いたパンク個所があります。
タイヤからはみ出して、道路のアスファルトと擦れて削れたものです。

 

 

 

 

 

 

タイヤを嵌め替えるまでは、10分余りで終わりましたが、チェーンの張りを調整しても、チェーンとチェーンカバーの擦れ音が消えません。

もしやとチェックすると、案の定、B.B.にガタがあります。

左右のクランクを外し、左ワンを外したところで、ベアリングがこぼれました。

121110_082907 リテーナーが、かろうじて姿を留めています。

 

 

 

 

 

 

 

リテーナーを交換jし、玉当たりの調整をすると、チェーンの擦れ音はなくなりました。

ペダルの回転もスムーズです。

左右のペダルとクランクをフレームに繋いでいる部分をボトムブラケットと呼びます。
自転車の回転部では、ペダルに次いで、雨水が入りやすく、回転不良を起こしやすいです。外して調整するには、専用工具が必要で手を出しにくいところです。

徐々に動きが悪くなるので、気づきにくいですが、グリスアップして調整すると、気持よく自転車に乗れるようになる、重要な部分です。

自転車を漕ぐのが重い、ペダルの1回転ごとにチェーンの音がする、ペダルがスムーズに回らないなど、不調を感じたら、是非自転車屋さんで見てもらって下さい。
きっと、気持よく乗れるように調整してもらえます。

« クロスラインレーザーによるエンド精度測定治具 構想その3 | トップページ | ちょっとのんびり気分 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/47784388

この記事へのトラックバック一覧です: B.B.リテーナー交換:

« クロスラインレーザーによるエンド精度測定治具 構想その3 | トップページ | ちょっとのんびり気分 »

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング