« 7-組立・調整_1 | トップページ | パテによる肉盛り失敗 »

2012年11月 2日 (金)

8-組立・調整_2

残しておいた、フォークエンドの高さ修正を行います。

121102_110819 使う物は、
9mmのアルミパイプ
クロスラインレーザー光源
14x 3/8のホース継ぎ手 2個
センター合わせの為のスペーサー(適宜)

今回も、両面テープで台座を作り、ひもで縛っています。
事前に、センター出しと、光軸調整をしておきます。
今回は、ポイントだけ合わせ、垂直線の調整はしていません。

 

 

121102_111235 アルミパイプやスペーサーがくっつかないように、剥離剤として、シリコンスプレーを使用します。
(屋内では使用しないでください。結構飛び散って、フローリングなどに掛かると、滑って転倒する危険があります)

 

 

 

 

 

121102_111243 エンドの当たり面を下げるため、肉盛り処理をする、金属パテです。

 

 

 

 

 

 

 

121102_113132エンド内面の汚れをしっかり落とし、エンド部にパテで肉盛りをし、アルミパイプで面出しをしています。

はみ出したパテはきれいにぬぐいます。

 

 

 

 

 

121102_113628 レーザーの照射位置を合わせて、パイプを固定し、硬化を待ちます。

今回は、パテが流れやすい状態だったので、若干ですが、肉盛りが多くなるよう、左に合わせています。

20分で硬化開始のパテだったので、あまったパテの状態を見ながら、硬化が始まったころを見計らって、再度、センター合わせをしました。

実用硬化まで6時間掛かりますので、しばらく放置します。

 

 

失敗しました。6時間でアルミパイプを外せるかなと思ったら、まだ、パイプを外せるほど硬化していませんでした。
最初から、やり直しました。再度、明日の朝まで、放置します。

« 7-組立・調整_1 | トップページ | パテによる肉盛り失敗 »

GIANT ロード オーバーホール」カテゴリの記事

エンド精度測定レーザー照準」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8-組立・調整_2:

« 7-組立・調整_1 | トップページ | パテによる肉盛り失敗 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング