« バルブ根元パンク 3例目-2 | トップページ | バルブ根元パンク 3例目-3 »

2012年9月28日 (金)

パンク修理跡検証(擦れパンク)

先日、擦れ跡がひどくて、中古品と交換したチューブです。

携帯のカメラでクローズアップできるか試していたら、こんな絵が撮れました。

120926_152824 10倍ルーペを透して、ハサミで切断したチューブの断面を撮ってみました。

四角い窓が1cm 窓の奥の灰色がチューブの断面です。

クリックして、拡大して頂くと、2層になっています。

下が、修理パッチ、上がチューブです。

しっかりくっついているのですが、中央に黒く見える空隙があります。

チューブが擦れて、抉られた溝とパッチは、貼りついていません。

この溝が、パッチより長かったら、当然、エアーが漏れます。

今までは、パッチを貼った後、水調べをして、空気の漏れがなければ、よしとしていましたが、この画像をみて、ちょっと怖くなっています。

修理方針を決めるのは、お客様です。

なるべく、ご丁寧に説明し、納得して頂いて、擦れパンクについては、チューブを交換する方が、正解だと思います。

« バルブ根元パンク 3例目-2 | トップページ | バルブ根元パンク 3例目-3 »

DIY」カテゴリの記事

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/47219857

この記事へのトラックバック一覧です: パンク修理跡検証(擦れパンク):

« バルブ根元パンク 3例目-2 | トップページ | バルブ根元パンク 3例目-3 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング