« パンク修理跡検証(擦れパンク) | トップページ | バルブ根元パンク 3例目-4 »

2012年9月29日 (土)

バルブ根元パンク 3例目-3

120928_180358実証の為のバルブ根元パンクを起こしているチューブです。

この画像では、パンクしている個所が判りません。

目視でも、確認できません。

 

 

 

 

120928_180435 バルブを倒してみると、亀裂が判ります。バルブの根元の1/3ぐらいに亀裂が入っています。

チューブがタイヤ内で、折り畳まれていました。

チューブが、タイヤに引かれて、移動し、バルブの根元に力が加わったことによる亀裂です。

 

 

 

120928_180749チューブを水調べすると、バルブの根元からのエアー漏れが確認できます。

かなり、大量に漏れています。

 

 

 

 

 

 120928_181632ホイールにセットしてもかなり大量に漏れています。

チューブが、リムに押しつけられることで、エアーの漏れが減少すると予想したのですが、予想は覆されました。

これでは、30分の放置では止まらないかもしれません。

 

 

 

 

一応、手順として

バフいらずでの表面清掃。

加硫接着剤塗布。

30分の放置

を行いました。

120928_191748漏れは、減少しただけで、止まっていません。
失敗です。

やはり、修理は無理なのでしょうか?

« パンク修理跡検証(擦れパンク) | トップページ | バルブ根元パンク 3例目-4 »

DIY」カテゴリの記事

バルブ根元パンク」カテゴリの記事

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/47246079

この記事へのトラックバック一覧です: バルブ根元パンク 3例目-3:

« パンク修理跡検証(擦れパンク) | トップページ | バルブ根元パンク 3例目-4 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング