« 55_フレーム-1 | トップページ | バルブ根元パンク 3例目-2 »

2012年9月27日 (木)

バルブ根元パンク 3例目

修理出来ないパンク(バルブ根元パンク)の3例目です。

今回も、26x1 3/8のチューブです。

資料が手に入ったのですが、行き当たりばったりの試行錯誤では、芸がないので、

今回は、簡単なテストピースを作りました。

120926_163558バフいらずの、要否。

加硫接着剤の乾燥の可否。

時間による、強度の確認の3点を試してみます。

 

 

 

 

120926_170012_2 片手で撮ったので、ブレています。ご容赦。

30分後にチューブを引き延ばしてみました。軽く力を掛けた程度では、破断しません。

チューブを5%位伸ばしたところで、真中から、割れ始め、右、左の順で、割れました。

面白いのは、割れた後でも、面を合わせると、くっ付きます。

空気圧が高くない時に、バルブを倒さないと漏れない程度のバルブパンクには、応急処置としては有効だと思います。

一日放置で、強くなっているか、御期待下さい。

« 55_フレーム-1 | トップページ | バルブ根元パンク 3例目-2 »

DIY」カテゴリの記事

バルブ根元パンク」カテゴリの記事

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/47220234

この記事へのトラックバック一覧です: バルブ根元パンク 3例目:

« 55_フレーム-1 | トップページ | バルブ根元パンク 3例目-2 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング