« 36_シートポスト | トップページ | 37_サドル »

2012年8月19日 (日)

鍵が掛かった後輪のパンク修理

本日は、面白いパンク修理をしました。

ご依頼を受けてお邪魔したのですが、自転車を使われている方が鍵を持って外出されたようで、リング錠の鍵が掛かったまま後輪のパンク修理をしました。

普段と手順の違った処を書き留めておきます。

タイヤ外しは、さほど苦労なく終わりました。

チューブの取り出しは、錠のステーが邪魔でしたが、なんとか引き出すことが出来ました。

いつもの手順では、ここから空気を入れて、水調べをするのですが、

今回は、空気を多めに入れて、手探りで漏れ個所を調べました。

以前にも、パンクの履歴があるチューブで、多分、パンク後に自転車を引きずられたのだと思いますが、チューブに削れ跡があり、パッチの脇から漏れていました。

修理のミスではなく、チューブの弱りで、再度パンクしたものと思います。

パッチの上から、再度のパッチ修理です。

さすがに不安なので、修理後は水調べをしましたが、全周一気にとはいかず、2回空気を抜き、チューブを移動して、場所を変えてまた水調べとなりました。

いつもの倍ぐらい時間が掛かりましたが、なんとかなるものです。

« 36_シートポスト | トップページ | 37_サドル »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/46753733

この記事へのトラックバック一覧です: 鍵が掛かった後輪のパンク修理:

« 36_シートポスト | トップページ | 37_サドル »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング