« 9_カンパスーパーレコードペダル-4 | トップページ | パンク再修理(5/5) その後 »

2012年5月 5日 (土)

パンク再修理

今日は、1980年代イタリア規格車はお休みです。

久しぶりの失敗ネタです。

前後ホイールともパンクですとの事で、お伺いしました。

ビーチクルーザで26x1.5-26x1.75のリムに26x2.15のタイヤがセットされていました。

昨日パンクして、タイヤがリムから外れてしまったとの事、パンク修理以前にリムとタイヤサイズがあっていないのでは、などなど、お客様と話をしながら、

まず、前輪をフレームから外して、タイヤとリムの適合も確認しましょうと、修理に取り掛かりました。

前輪については、パンクがすぐに確認でき、パンク修理も順調に終わりました。

リムに、タイヤを嵌めても、タイヤのビードが浮いています。

なだめ、なだめ、空気を入れると、タイヤのリムラインと、リムの外周はきっちり出ました。

お客様に、リムと、タイヤの適合は問題ないことを、お伝えし、空気圧が減って、空気を入れたときは、リムラインを確認してくださいと、お伝えし、後輪に取り掛かりました。

後輪については、フレームからは外さず、チューブのみをタイヤから引き出し、エアーを入れましたが、特にエアーが漏れているような、違和感はなく、水調べをしても、空気の漏れは確認できませんでした。

お客様と、いたずらにでも会ったのかと話しながら、空気をいれ、タイヤ、チューブをセットして、リムラインを出しながら、タイヤをセットしました。

3気圧まで、しっかり入り、お客様に、最後の乗車確認をしていただいて、お別れしたのですが、

3時間後に、後輪の空気がなくなりました。とのお電話をいただきました。

もう一度、チャンスを戴き、明日、再チェックにお伺いします。

結果は、また明日、ご報告します。

とりあえず、明日の手順は、フレームからホイールを外し、チューブ単体にして、タイヤの太さとチューブの太さが同じになるまで、エアーを入れ、再度、水調べをしっかりやる予定です。

水調べの際に、フレームから外さなかった為、エアーの圧が足りず、スローパンクの状態を見逃したのだと思っています。

« 9_カンパスーパーレコードペダル-4 | トップページ | パンク再修理(5/5) その後 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/45147794

この記事へのトラックバック一覧です: パンク再修理:

« 9_カンパスーパーレコードペダル-4 | トップページ | パンク再修理(5/5) その後 »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクトに至る経過

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング