« 熱中症? | トップページ | スライム(パンク防止・修理剤)について »

2011年8月 5日 (金)

パンク再修理

駐輪場から、依頼が入り、訪問しました。

パンクとの事でしたが、チェックの結果、バルブの虫ゴム劣化でした。

虫ゴムを、交換し30分放置後、エアー漏れがないことを確認し、完了としましたが、

3日後、再度パンクしたとの事です。

訪問し、チェックをしても、エアー漏れはありませんが、訪問時には空気が入っていませんでした。

原因不明のため、無償でチューブを交換し、修理完了しました。

持ち帰って、チェックしたところ、コートタイプのパンク修理剤が使用されていたことが判り。

エアーバルブの口金部分を観察したところ、ゴム状の付着物が、見つかりました。

110805_164115 口金内部の段差がある部分の狭くなったところです。

この写真は、清掃後なので、残っていません。

 

 

 

 

 

110805_171245 今は、口金内部清掃用用ブラシが、修理工具の仲間入りです。

« 熱中症? | トップページ | スライム(パンク防止・修理剤)について »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550682/41093505

この記事へのトラックバック一覧です: パンク再修理:

« 熱中症? | トップページ | スライム(パンク防止・修理剤)について »

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

スライム(パンク防止・修理剤)関連記事

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング