2018年4月23日 (月)

こんなパンクも有ります。

ちょっと前に遭遇したパンクです。

Kimg1832

Kimg1834

Kimg1837

上は、パンクを見つけた状態。
空気を抜いていくと、全く穴の位置が分からなくなりました。

側面ですが、チューブにタイヤと擦れた痛みが有りません。
確証があるわけでは有りませんが、チューブの欠陥が現れたパンクではないかと思います。

こんなパンクに当たると、同じ銘柄のチューブは修理では使いたくなくなります。

2018年4月22日 (日)

電動アシスト バッテリー不良?

紹介いただいたお客様です。

パナソニックの電動アシスト自転車を7年ほどお使いですが、スイッチを押してもランプが点灯しないとのことで、お伺いしました。

コントローラーの電源スイッチかと思ってお伺いしたのですが、電池の残量ボタンでした。

充電器で、充電は確認されたそうですが確かに、スイッチを押しても、反応しません。
長押ししても、反応無しです。

比較したり、正常品と入れ替えたリ出来れば、もう少し状態が確認できるのですが、出張修理店の悲しいところで、現品をチェックするしか有りません。

持ち帰って、電池をチェックさせて頂くことにしたのですが、

電池の端子部に電圧は出ておらず、お客様から頂いている情報では考えにくいのですが、
スリープモードに入っているかもしれないので、明日もう一度、充電して頂き、再確認をします。

お客様からは、駄目なら電池を手配してくださいと言われているのですが、今の状態で電池の発注はリスクが高いです。

【2018_04_23追記】
先ほど、お客様にお返しし、充電をして頂いたら、機能が復活しました。
やはりスリープモードに入っていましたが、スリープした理由が今一良く分かりません。

【2018_04_23追記】
途中で、アシストが切れてしまったそうです。
電動アシストに詳しい、自転車屋さんの先生に確認したら、バッテリー不良の可能性が高いと教えて戴いたので、バッテリーを発注しました。

2018年4月21日 (土)

サイト リニューアルに向けて作業中

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト サイトは、それなりに訪問して下さる方がいるのですが、訪問者数の伸びが止まっています。

いろんなことを詰め込みすぎたことと、説明が多くて堅苦しい構成になっていて読みづらいのかもしれないと反省し、リニューアル準備を進めています。

全体の見直しなのでまだお目に掛けるには時間かかります、少しは読みやすくなってくれると良いのですが。

2018年4月20日 (金)

2件のタイヤバースト

今日は、タイヤ交換が2件です。

いずれも、タイヤの摩耗によるバーストでしたが、気になったのはパンクしにくいタイヤのバーストです。

接地面の厚さを稼ぐ芯材が見えても内部はしっかりと構造が保持されていて、あまりバーストの懸念を感じたことは有りませんでした。

今回バーストしたパンクしにくいタイヤは、芯材の外側にカーカスが有り、外側のカーカスが切れていましたので、バーストしても不思議はない状態でした。

構造を知ることの重要性が良く分かったバーストでした。

«パンク8箇所

スライムパンク防止剤 被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング