2018年2月25日 (日)

珍しいパンク

今日は、タイヤチューブ交換に始まって、前輪の刺さり物パンクとリム傷?パンクの2台、内一台は後輪のスポーク折れが有りました、更に後輪のリム打ちパンクが一台、前照灯のコード断線一台と続きました。

最後の締めは、後輪の揉まれパンクでした。

パンク箇所とリム傷の場所が一致したので、これが原因かと思うのですが、
Kimg1654
確信は持てませんでした。

一応、やすりで滑らかにしておきました。
Kimg1656

2018年2月22日 (木)

一日掛り

今日はリピータのお客様から、2台の修理のご依頼です。

一台は、前輪のタイヤ・チューブ交換のご依頼でしたが、以前にCYCLEWAY LongRun 83型を後輪に使っていたので、後輪→前輪のローテンションと後輪のタイヤをCYTY POP 80型に交換です。

以前に、ピン折れしてステンレスネジで代用したスタンドですが、ちゃんと使えています。
Kimg1645 Kimg1644

もう一台は、点灯しなくなったハブダイナモの修理です。
サンヨー製のハブダイナモで、前輪が回転しなくなった後、無理に廻して前輪は廻るようになったが、ライト点灯しなくなくなったそうです。

ばらしていくと、端子部で断線もしていたのですが、断線した先も導通が有りません。

中古ですが、シマノ製のハブダイナモと現地で入れ替えです。

後輪のスポーク折れ(3本)も有り、2台の修理で一日掛かってしまいました。

«花粉?

スライム(パンク防止・修理剤)被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

雨雲

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング