2018年5月24日 (木)

リムはまだ国内には入っていないようです。

リムの配送状況ですが、EMSの追跡番号はEA377086142CNをいただいたので、日本郵政の追跡サイトでチェックしましたが、まだ情報が表示されません。

まだ国内には入っていないようです。

今日は、パンク修理と、バーストした前輪のタイヤチューブ交換の2件でした。

修理に出ていない時間は、あのこらのサイトのチェックです。
結構ページ数を増やしてしまったので、チェックにもそれなりの時間が掛かっています。

一部手直しもして、サイトの構成も、少し変更したので、リンク切れも多少出ているようです。

2018年5月23日 (水)

あと少しでリムが届きます。

今日ようやく、代行会社から、リム到着の連絡がありました。

送料を振り込み、今日発送です。

EMSでの送品なので、あと2~3日で、手元に届くかもしれません。

最初の注文の時も、到着連絡と同時に、リムの画像が送られてきたので、今回の発注分も代行会社で検品済みの時点での到着連絡だと思います。

到着を待っています。

リム着荷待ち

昨日連絡があるかと、ぎりぎりまで待ってみたのですが、代行会社からの連絡はなく、商談管理画面のステイタスも買い付け完了のまま変化はありませんでした。

2018年5月21日 (月)

リム再々発注その後-2

今日あたり、代行会社への着荷の連絡があるかと、サイトを見に行ったのですが、まだ着荷のステイタスにはなっていませんでした。

前回は、買付日を含んで5営業日目での代行会社への着荷だったので、明日には代行会社からの連絡が欲しいところです。

修理のご依頼を頂いてから、あと5日で一か月になります。

今回は、無傷の商品でありますように(祈)

 

 

今日は、リピータのお客様のパンクチェックが一件。

NIKKOのNC172リングロックを送って欲しいというお客様のご依頼が一件ありましたが、アマゾンでの購入をお勧めしました。

ぞっとしました。

パンク修理でお伺いし、結果はパンク穴なしで、パンクチェックで終了した真っ白なクロスバイクです。

フレームだけではなく、リムやタイヤ、チェーンまでも白くペイントされていました。

真っ白だったのは、貼られていたステッカーをお客様が剥がされていたためです。

ぞっとしたのは、ハンドルが全く固定されていなかったためです。
強くハンドルを切ると、タイヤの方向は変わらず、ハンドルだけが動きました。

どこで購入されたなんという自転車ですかとはお聞きせず、しっかりとハンドル固定ねじをハンドルが動かないところまで締めこませて頂きました。

人が乗ることを考えながら、製造された自転車とは思えません。
あるいは、通販で、お客様がハンドルを再固定されたのかもしれませんが、こんな危ない自転車が野放しにされているのは、あきれるばかりです。

新車の場合、これからもハンドルの固定はしっかりチェックしようと思います。

«毎月19日は、自転車の空気入れる日です。

スライムパンク防止剤 被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

カテゴリー

川越市自転車シェアリング

Active Safety Project

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログランキング